【質問】制作外注先の探し方を教えてください。

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
野村 忠史(のむら ただし)

執筆コラム

今週の質問と回答

【Q】
再来月に起業したいと考えております。それで早速、自社ホームページの準備をしたいと考えていますが、今まで制作を依頼した経験もないし、制作してくれる知り合いもいません。
いろいろ検索して探してみても、ちょっと高いですし正直そこまで予算をかけるわけにいかないと思っています。もっとリーズナブルに手軽にお願いできる制作外注先の探し方について教えてください。
 
【A】
いざ起業しようとするとサラリーマン時代ではやってこなかったことをチェレンジしないといけませんよね。
その中で大半を占めるのはプロモーション・ブランディングのご相談ですね。今までのキャリアの中で広告のご経験がある方は、むしろ少数派で、起業する殆どの方はそれ以外がご専門なので、いざ起業して営業をしようとしても、制作協力をお願いする知り合いもないし、起業したばかりだからそんなに予算をかけられない…とお悩みになることは多々あります。そんな時にぜひご検討頂きたいには、クラウドソーシングの活用です。
今回は、起業に絡めたクラウドソーシングの活用方法についてお答えしますね。
 
 
まず「クラウドソーシングについて知る」
 
まず「クラウドソーシング」といっても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。「クラウドソシーング」とは、「不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態」を言います。平たく言えば、雇用しなくてもタスクやプロジェクト単位で業務を委託できるサービス形態と思っていただければ、と思います。今回、低予算でホームページの制作をお願いしたければ、クラウドソーシングサービスを提供している「ランサーズ」や「クラウドワークス」を通して、予算内で作成してくれる個人クリエイター募集することができます。もちろんクラウドサービス内での適正価格がありますが、一般の市場価格の半額以下で委託できるケースが殆どです。
理由は、個人クリエーターに直接委託できるため余計なマージンがかからないからだといわれています。
  
次に「クラウドソーシングで依頼できる仕事を知る」
 
では、クラウドソーシングでは、どんな仕事を依頼できるのでしょうか?
 
・ホームページ作成(WEBデザイン・WEB制作)
・販促物のデザイン制作(DTP・POP・ロゴ等)
・ライティング(記事・ネーミング・キャチ等)
・システム開発(アプリ・システム開発)
・タスク・作業(データ入力・テキスト作成)
・マルチメディア(動画作成・写真撮影)
 
などの仕事が単発で依頼できます。便利ですよね!
もちろん、こういった仕事を一括して受けてくれる広告代理店もあると思いますが、そういったケースの殆どが広告代理店は単なる窓口であって実際の仕事は他の提携先に外注しているだけで、その手数料分が高くついてしまいます。また一括して丸投げできるメリットがある一方で、細かい要望が伝えることができなかったたり、スピード感がなかったりといろいろデメリット面もあることも確かでです。
 
更に「クラウドソーシングで依頼する仕事の取捨選択する」
 
では、起業の際の「自社ホームページ制作」であればどんな仕事をクラウドソーシングで依頼できるでしょうか?
 
具体的には、
 
・ネーミング(ドメイン重複調査も含む)
・ロゴ・アイコン制作(商標・意匠の重複調査含む)
・WEBデザイン制作依頼(オフィシャルサイト)
・ランディングページ作成(受付ページ含む)
・写真の加工&動画作成
 
などの依頼ができますね。
 
クラウドソーシングサービスを介して、それぞれ異なるクラウドワーカー(個人クリエイター・ライター)制作を依頼しなければなりませんので、当然として煩雑にはなります。また個人デザイナーなので、スキルに差があることも確かです。そういった意味で手離れ良く丸投げできる訳でなく、依頼するにも一定知識や見極め力が必要となることも確かです。

起業の際に、予算に余裕がある場合には、広告代理店への一括発注。一報予算がないが時間に余裕あるならば、知識を蓄えながらクラウドワークスをフル活用して一つ一つ構築していくのがおススメです。
ぜひご検討くださいね。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須  
メールアドレス 必須