WEB活用の教科書

 「ネットを使って自社オリジナル商品の販売したい」
 「でも何から始めたらいいんだろう」とお悩みなった
 ことありませんか?
 
 急にやりたいと思っても、「とりあえずWEBページを
 つくればいいのか?」「ネットで売りやすい商品を
 開発すればいいのか?」「とりあえず取り組みやすい
 出品料や手数料を払ってメリカリやヤフオクで販売
 し始めるのか?」。情報が多すぎてどれを選択すべき
 か本当に悩ますよね。

 今回は、「初心者向け、ネット販売始める前の3つの
 必須準備」についてお伝えしたいと思います。

 
 ポイント1「ネット販売する商品を決める」

 実は「ネットで何を売るべきか決めきれていない」と
 いうご相談が結構の割合でいらっしゃいます。
 ただ何となく「ネットだったらたくさん売れるのでは」
 と簡単に考えていて「その商品がネット販売に向いて
 いるか否か?」を市場感を十分掴んでいないということ
 に尽きます。

 まずメリカリやヤフオクでの試し売りで市場感を得るこ
 とや、競合商品のPRポイントをよく調べておくと、当社
 で、「何を販売すべきか炙り出すこと」ができます。
 そして、「ターゲット」を明確にきめてないが故に、
 「あれも、これも」と掲載したい商品が広がってしまう
 ことがあります。あれこれ欲張らず、極端にいえば、
 「1ターゲット=1商品」に決めてしまうのでが大事
 です。なぜなら、その方がネット市場では目立つから
 です。

 ポイント2「優良リストの収集と管理を行う」
 
 「商品を決めること」よりも、更に重要なのは「優良
 リストを集め、すぐ発信できるようにすること」です。
 別にネットに限った話ではないですが、この「このリスト
 とその管理」で成功するか否かが決まってしまいます。
 リストが無ければ、どんなに素晴らしいネット商品があろ
 うとも、絶対に売れることがないからです。ネット販売で
 成功している企業は、まちがいなくこの「リスト管理」に
 長けています。もし「得意先リスト」や「見込み客リスト
 」がデータ化されてなく、すぐ情報発信できる状況になっ
 ていないのであれば、まずそれを活用できる準備に取り組
 むことおススメいたします。
 

 ポイント3「セールスライティングに慣れる」

 最後に「セールスライティング」というものに慣れる必要
 があります。「えっ!自分で書かないとダメですか?」と
 質問がありますが、「はい!まず自分で書きましょう!」
 とご返事しています。もちろん「セールスライター」という
 専門の方がいらっしゃいますから、質や量のレベル感によ
 っては、ご依頼されてもいいでしょう?但し、「初心者」
 特に「営業やマーケティング」の実務経験がない方は、
 まずご自身で書いてみることでお客様がどんなことを考えて
 購買に至るのか?顧客心理学やセールスプロセスを学ぶこと
 で遠回りのようで、早く結果ができるようになります。
 なぜならば、自社商品の良さや顧客像について一番理解され
 いるのは、ご自身以外いないからです。どんなに優秀なライ
 ターさんでも、自社商品や顧客について全て理解できません。
 どんな巧みな言葉を使おうが、やはり限界があるこというこ
 とよく認識しておきましょう。

 皆様のホームページの充実のヒントとして活用して頂
 ければ幸いです。

 
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  野村 忠史(のむら ただし)
 
  ▼プロフィール・経歴

1971年生まれ。販売力強化コンサルタント。
中小企業診断士。営業会社入社後、最下位スタ
ートであったが、独自ノウハウを構築し、1年後
に200人のトップに。さらに80人中3人選出の最
優秀賞に、新人2人を受賞させる。その後、13年
間あらゆる業種業態で一貫して営業職と勤め、
常に上位10%にキープ。経営コンサルとして独立
後は、あらゆる業種業態に再現できる「売れる仕
組み」を独自に考案し、2014年ナインソーツコン
サルティング(株)を設立。年間100件以上のコンサル
とセミナーを通して、全国各地の中小企業の販路
拡大・販売力強化支援を行っている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須