中小企業のWEB活用を支援する専門家プロジェクト|WEB活

WEB活とは

  • HOME »
  • WEB活とは

WEB活とは「中小企業WEB活用支援プロジェクト」の略称で、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会が取り組んでいる事業の一環で、中小企業のWEB活用を成功に導くために創設された支援プロジェクトです。

1.特長

専門家集団
WEB活を構成しているのは、全国に約7,000人(2016年1月時点)いる「ITコーディネータ資格保有者」の中からWEBと経営に関して専門性の特に高い人材を選抜して構成しています。「ITコーディネータ資格」は経済産業省推進資格であり資格保有者は国や公共機関などをはじめ、多くの企業のIT化推進に携わっているプロフェッショナルです。
WEB活用で必要となるすべてのノウハウやインフラを提供
個々に提供されているWEBサービスなどのWEB活用を取り巻くインフラを専門家であるWEB活が選別し集合させ、プラットホーム化することで、利用者である中小企業が迷わずワンストップでWEB活用を実践できる環境を整えている。
WEB活用の「はじめて」~「サイト運営」まで永続的な成長をサポート
はじめてホームページを作ろうとしている中小企業、既にホームページを開設しているが、思った結果が得られないと悩んでいる中小企業、企業間取引(BとB)企業、企業個人間取引(BtoC)企業など様々な中小企業の現在位置に対応し、WEB活用で求める結果を得るためのノウハウ(情報)を提供します。ITと経営に精通した100戦練磨の専門家(コンサル)集団だから提供できるサポートです。
商工会議所など公的機関とのチャネルと信頼性の高さ
営利を求める一般法人などでは中立性を保ちながら全てのインフラを提供するプラットホームや公的機関と連携していくことは現実的ではありませんが、「特定非営利活動法人」であるITコーディネータ協会は公益経済団体である商工会議所や他のNPOなど公益を重んじる団体との連携が容易であり、これまでの実績も豊富です。各種機関との連携で中小企業の経営にフィットした優位な情報やイベントのご紹介も可能になっています。

2.理念とビジョン

理念(Idea) 理念(Idea)
日本の中小企業がWEB活用により収益を向上させることで、日本経済の活性化ならびに中小企業のITリテラシー向上に貢献する。
ビジョン(Vision) ビジョン(Vision)
WEB活用で成功を目指す全ての中小企業へ目的達成のノウハウ支援と仕組みの提供に加え、新たな企業間連携のイノベーションを巻き起こす。
PAGETOP