WEB活用の教科書

 今日は、アクセス解析の観点からサイトに
 集客する方法を考えてみましょう。

 サイトをより良くしようと考えた場合、
 その手段は大きく2パターンに分かれます。

 1.アクセス数を増やす

   注文や問い合わせなどのコンバージョン率は
   そのままで、アクセスを増やしていく施策

 2.コンバージョン率を増やす

   アクセス数はそのままでも注文や問い合わせ
   などのコンバージョン率をより増やしていく
   施策

 この2つの施策を行うためには、より正確な分析
 が必要です。

 アクセス解析で、

 「セッション」
 「コンバージョン率」
 「ページ/セッション」
 「平均セッション時間」

 等の指標を理解して、

 それぞれのデータを元に傾向を分析していく
 必要があります。

 ですので、

 Googleアナリティクスで、現状の集客の状況がど
 のようになっているのかを確認し、改善ポイント
 を発見して、どうすればよくなるか仮説を立てて
 改善しましょう。

 質の良いユーザーをできるだけ集めるための手段
 として、アクセス解析やSEO対策があるのです。

 まずは、アクセス数を増やす、そして、
 コンバージョン率を増やす、この2つを
 するために、どうすればよいか、
 ここから初めてみてはいかがでしょう。

 
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  廣木 秀之(ひろき ひでゆき)
 
  ▼プロフィール・経歴
  製造メーカーのシステム企画・開発・運営を15
  年担当した後2006年に独立。独立後は、中小
  企業を中心とした、ITコンサルティングを実施
  (実施した企業は500社以上)。

  現在は東京東部地域を中心に、中小・小規模企業
  のIT活用、WEB活用、モバイル端末活用等の
  支援を実施。企業の身の丈に合ったIT支援を行
  うべく、現場意識を重視したITの展開を実施
  中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須