集客戦略の成果を定義する

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
廣木 秀之(ひろき ひでゆき)

執筆コラム

今週の質問と回答

今日は、アクセス解析の観点からサイトに集客する方法を考えてみましょう。
サイトをより良くしようと考えた場合、その手段は大きく2パターンに分かれます。
 
1.アクセス数を増やす
注文や問い合わせなどのコンバージョン率はそのままで、アクセスを増やしていく施策
 
2.コンバージョン率を増やす
アクセス数はそのままでも注文や問い合わせなどのコンバージョン率をより増やしていく施策この2つの施策を行うためには、より正確な分析が必要です。
 
アクセス解析で、
「セッション」
「コンバージョン率」
「ページ/セッション」
「平均セッション時間」
等の指標を理解して、それぞれのデータを元に傾向を分析していく必要があります。
 
ですので、Googleアナリティクスで、現状の集客の状況がどのようになっているのかを確認し、改善ポイントを発見して、どうすればよくなるか仮説を立てて改善しましょう。質の良いユーザーをできるだけ集めるための手段として、アクセス解析やSEO対策があるのです。
 
まずは、アクセス数を増やす、そして、コンバージョン率を増やす、この2つをするために、どうすればよいか、ここから初めてみてはいかがでしょう。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須  
メールアドレス 必須