WEBテストの好循環をつくりだそう

効果的なホームページにするためには、常にコンバージョン率向上を目指してテストを繰り返し、ホームページを改善するサイクルを作る必要があります。今回は、その『ホームページテストのブラッシュアップサイクル』について解説します。

まずは、そのホームページテストブラッシュアップサイクルの全体像をご覧ください。これらを1つ1つ説明していきます。

ホームページテストのブラッシュアップサイクル

1.目標・仮説・テスト

テストするためには、目標・仮説を先に立てる必要があります。目標・仮説・テストのステージは、5つのSTEPに分かれます。5つのSTEPを簡単におさらいしましょう。
WEBテスト5ステップ

STEP1 ゴールを明確にする

ホームページのテストで成功するためには、例えば、Eコマース(通販サイト)でしたら商品購入、会社のホームページでしたら資料請求や求人応募数というようにゴールを明確にする必要があります。

STEP2 ボトルネックを突き止める

ボトルネック
ゴールを明確にしたら、ゴールにたどり着くまでのボトルネックを突き止めましょう。例えば、先ほどのEコマースの場合、商品購入というゴールにたどり着く確率を増やすためには、注文完了するまでの途中ページで「いなくなる人を減らすこと」であり、ユーザがもっとも離脱するページが、ボトルネックとなります。

STEP3 仮説を立てる

ボトルネックを突き止めたら、どうしたら解消できるかという仮説を立てましょう。例えば、「お客様情報入力のページの確認ボタンがわかりにくいので、目立つようにしたら離脱するユーザが減るのではないか?」といった形です。

また、他にも「個人情報入力後の流れがわからないのが不安で、注文完了までいかないのではないだろうか?」という仮説を立てることもできます。

テストバリエーション

これらのボトルネック解消のための仮説が、これから行うテストの種類(テストバリエーション)となります。

STEP4 優先順位をつける

仮説が複数あった場合は、テストも複数になるので、テストに対して実施する優先順位を付けましょう。優先順位は、テストの費用面や運用の手間、結果が早く出る、改善が早くできるなどを考えて決めるとよいでしょう。

テストのプライオリティ付け

STEP5 テストを実施する

優先順位を決めたらテストを実施します。テストにはA/Bテストと多変量テストがあります。A/Bテストと多変量テストにつきましては、「どうやってテストするのか?A/Bテストと多変量テスト」を、また、A/Bテストの具体的なやり方については、「どうやってテストをするのか?有効なテストツールを活用しよう」をお読みください。

さて、『1.目標・仮説・テスト』の説明が終わったので、もう一度全体像をみてください。『2.結果』、『3.結論』、『4.疑問』を説明します。

ホームページテストのブラッシュアップサイクル

2.結果

テストの結果がでたら、テストはうまくいったのか?それはどんな結果だったのか?例えば、その結果が妥当な結果なのか?結果がエラー値ではないか?を評価をしてください。テストの結果が妥当でないといくら改善しても効果がでないからです。

3.結論

次にテストの結果を考察して結論を出します。例えば、確認ボタンが赤と緑の場合なら、緑の方が離脱する人が3%減ったので、緑色の方が有効であるというように、テストの結果から何がわかったのかを明確にして、改善に活かしましょう。

4.疑問

改善しても終わりではありません。さらにコンバージョン率を向上させるために何ができるかを考え続けましょう。そして、ボトルネックを見つけ、そのボトルネックを解消するための仮説をたてて、次のテストをしましょう。このようなサイクルをつくって、改善し続けることにより、より効果的なホームページにブラッシュアップできるのです。ぜひ、サイクルをつくってください。

最後に、ホームページのテストを行う上で知っておいたほうが良いポイントをご紹介しておきます。

これだけは知っておけ!ホームページテスト実施8箇条

ホームページのテスト実施のコツやよくある問題を8箇条にまとめましたので参考にしてください。

1.実施前にアクセス計測する(サンプルサイズ)

信頼度の高いデータを得るのであれば、最低でもそれぞれのコンバージョンは100コンバージョン程度は、あった方が良いでしょう。十分なアクセスやコンバージョンが無い場合、テスト自体が時間の無駄になる可能性あります。

2.テストは一定期間継続する

仮にアクセスやコンバージョンが十分で信頼度99%の結果が3日で判明したとしても、テストは一定期間継続しましょう。一般的にどのサイトでも曜日やシーズンの影響を受けるものです。

3.必ず仮説に基づいてテストする

テストは必ず仮説ありきということを忘れないで下さい。なんとなく思いついたアイデアだけで適当にテストするのは時間の無駄です。仮説無きテストでAパターンが勝ったとしても、そこから得られるものはなにも無いと知りましょう。

4.1回のテストで諦めない

オリジナルがテストパターンよりも良かった場合でも、諦めずに結果から学び更に仮説を立ててテストを継続していきましょう。

5.小さな数値を無視するな

テストパターンがオリジナルをたった3%上回る結果でも、完成されているサイトでは、その3%の上昇が大きなインパクトとなり得ます。例えば、継続して1か月3%上昇すれば、12か月で、なんと約40%のインパクトになります。

6.テスト結果の妥当性を揺るがす要因を知れ

「テストツールから誤ったコードを挿入した。」「外的要因(業界不祥事/ワールドカップなどのイベント)。」など、アクセスユーザの偏りなどでデータが歪むことがあります。

7.誤判定があることを知れ

A/Bテストをツールで実施しても、ツールによっては誤判定がある場合があります。その場合はA/B/Aテストで確認するなど検証が必要です。

8.複数ページの並列テストは注意しろ

例えば、商品ページ→カートページの両ページでそれぞれA/Bテストをしてしまうと、後続のカートページのユーザ流入配分が商品ページのテスト結果に影響されることになります。

いかがでしょう?今まで、数回にわたってホームページテストについて解説してきました。ぜひあなたのホームページもブラッシュアップして、より効果的なホームページに生まれ変わることを期待しています。