コンテンツSEO
外部SEOという言葉は、最近ではあまり使われなくなり、「コンテンツSEO」に変わってきています。SEO対策のお話でサイト構築時からやっておくべきSEO キーワードの選び方でも、「外部SEOとは、主にバックリンク対策(被リンク・外部リンクという言葉も同じことを意味します)のことです。良質で関連性のあるホームページから一方的なリンクをもらうことにより検索エンジンに評価され検索結果がより上位に表示されるようになります。」との説明をしました。
コンテンツSEOとは定義がまちまちですが、ここでは、「コンテンツSEO(外部SEO)」=「クローラーの巡回対策」としてお話しを進めます。

コンテンツページの増産でサイトを成長させる

コンテンツページの増産でサイトが成長するとは、みなさんどういうことだと思われますか?
実はSEOで優位なサイトというのは、「閲覧者にとって有益な情報や体験を提供するサイト」つまり、サイトを見ている人の役に立っているサイトということに他なりません。
「有益な情報や体験を提供すると何が起こるのでしょうか?」このことを頭の片隅に置いて、コンテンツSEOについて読んでいただければと思います。

コンテンツSEOの位置付け

なぜ?被リンクが検索順位に影響を与えるのか

では、被リンクのお話しから始めます。みなさんの中には、被リンクがSEOに効果があるとご存知の方もいらっしゃると思います。では、どうして被リンクが検索順位に影響をあたえるのかご存知でしょうか?被リンクが検索順位に影響を与えるには、以下のようなストーリーを辿るからです。

被リンクを辿ってクローラーは巡回してくる
クローラーが頻繁に巡回するとインデックスが促進される
インデックスが促進されるとページの情報が正確にGoogleデータベース蓄積される
良質なコンテンツ・内部対策が施されたページであれば、ランキングエンジンに評価される

そうです。被リンクは、クローラーが巡回してくる入り口なのです。この被リンクが検索順位に影響をあたえるストーリーは、とても重要なので覚えておいて頂くと良いでしょう。

被リンクの種類には大きく2つあります。

  • ナチュラルリンク(自然に受ける一方的なリンク)
  • 不自然リンク(自作自演や有料のリンク)

不自然なリンクの例

実は、図のように不自然なリンクは有料リンクや、サテライトサイト、無料ブログ、プレスリリース、相互リンク等々、今まではSEOとして効果があったものなのですが、Googleの目に不自然と映った場合は、ペナルティと判断されるリスクがあります。

現在は、「ナチュラルリンク」以外はペナルティになるリスクを含んでいるため、リンクを操作する行為はご法度と考えるべきです。そのため、検索順位に良い影響を与える被リンクは、「ナチュラルリンク」ということになり、「ナチュラルリンク」を増やすためにはどうするのかを考えていく必要がありますね。

コンテンツSEO必ずやっておくべき4つの方法

これから、コンテンツSEOで必ずやっておいたほうがよい4つの方法をご紹介します。

  1. 良質なコンテンツを作成する
  2. ブログやSNSで情報を拡散
  3. クロール最適化とインデックス最適化
  4. ウェブマスターツールの活用

1.良質なコンテンツを作成する

コンテンツとは、検索者にとって価値ある知識・ノウハウ、技術などの情報や体験を提供する著作物のことです。
少し難しくなってしまいましたが、例えて言うならテレビやラジオであれば、「CM」では無く、「番組」がコンテンツになります。新聞や雑誌であれば、「広告」では無く、「記事」がコンテンツです。

では、良質なコンテンツとは何でしょうか?
冒頭でも少し触れましたが、検索者の抱えている課題・問題を解決する助けになる情報を含むコンテンツ。簡単に言ってしまうと、検索者の役に立つコンテンツということになります。単なる販売のための情報や機能を掲載したものは、良質なコンテンツとは言えないのです。

では、なぜ良質なコンテンツ作成が外部SEO(コンテンツSEO)の方法になるのでしょうか?
その理由を3つご紹介しましょう。

Googleの使命は「良質なサイト」を検索結果に表示すること
「検索ワードに対して検索者が十分満足するサイトが掲載される」ことがGoogle検索の価値だからです。
「良質なコンテンツ」には口コミが起きる
あなたが人にしゃべりたくなる情報はなんでしょうか?「良質なコンテンツ」にはネット上では「ナチュラルリンク」と言う形で口コミが起こるのです。
「良質なコンテンツ」にはクローラーが多く巡回する
「良質なコンテンツ」にはクローラーが多く巡回します。そして「ナチュラルリンク」を伝って、より多くクローラーが巡回するのです。

被リンクがSEOに重要なのは、検索順位の大きな決定要因だという訳では無く、クローラーの巡回を促すからなのです。

SEOを踏まえた良いコンテンツとは、

  1. 検索者の課題・問題を解決する情報が掲載されている
  2. 検索者が読みやすいように体系立てられている
  3. クローラーが読みやすいように内部SEOが施されている
内部SEOの話ではないのか?と思われる方もいらっしゃると思います。
ですが、良質なコンテンツの作成は、結果として「ナチュラルリンク」を得るための、外部SEO(コンテンツSEO)の方法なのです。

以上3点のポイントお抑え、良質なコンテンツ制作に取り組んでみてください。次第に、良いコンテンツには勝手にリンクが貼られるようになります。
どんなところからリンクが貼られているかたまに見てみるのも、面白いものです。