A/Bテスト
ホームページを改善するためには、“テスト”を繰り返すことが有効です。それでは、どのようなテストをするのでしょうか?今回は、ホームページを改善するためのテスト手法について紹介していきます。

ホームページをテストする手法は、大きく分けて2通りあります。ひとつは、A/Bテスト(エービーテスト)です。そして、もうひとつは、多変量テストというものがあります。

A/Bテストとは?

ホームページ改善のためのテストは、このA/Bテストが主流です。A/Bテストとは、ホームページのどこか1ヶ所を変更したページをAとBの2パターン用意して、どちらの方がより効果の高い結果が得られるかを検証するテスト手法です。

A/Bテスト

例えば、上の図のように、Aパターンが男性の写真、Bパターンが女性の写真で、それ以外が同じコンテンツの2パターン用意します。そして、この2つのWebサイトの一定期間公開して、どちらが効果的かを数値で検証します。その結果、Bパターンの女性の画像のページが効果的であれば、Bパターンを残します。その後、必要があれば、今度は、問い合わせボタン場所など、他に検証したい1ヶ所だけを変更したページを作って同じようにテストします。このようにA/Bテストを繰り返して効果的なパターンを残してホームページをより効果的なものにしていきます。

A/Bテストのメリットは、次のようなことがあります。

  • テストする項目が1ヶ所だけのため少ないアクセス数でも検証できる。
  • 信頼できるデータを素早く得ることができる。
  • 1 日の訪問者数が少ない小規模サイトでもテストができる。
  • 2つの変数比較であるため素早く簡単に解釈できる。

一方、デメリットは、次のようなものがあります。

  • ページ上の1項目の比較のため、他項目間の相互効果は測定できない
  • AB以外のCケースに関して同時比較できない。

多変量テスト

もうひとつのテスト手法が多変量テストと言います。多変量テストとは、複数の要素の組み合わせをテストし、その中で、どの要素の組み合わせが最も効果的かを実験する方法です。

多変量テスト

例えば、上の図のように、男性の写真のパターンと女性のパターン、背景が青いパターンと赤いパターン、キャッチコピーがThank youのパターンとHalo!のパターン、それぞれ組み合わせたページを全て作って、一度に試して比較する手法が多変量テストです。

多変量テストのメリットは、次のようなものがあります。

  • 同じページにある複数の要素を同時にテストができる。
  • 相互関係も含めた最適な結果を把握できる。

一方、デメリットは次のようなものがあります。

  • バリエーションが増えるため、ある程度の量のトラフィックが必要。
  • バリエーションの多さによりテスト時間が長時間必要。
いかがでしょうか?今回は、ホームページ改善のための2つのテスト手法を紹介しました。この2つのテストの特性を理解して、あなたのホームページを改善するために、これらのテストぜひ試してください…

といいたいところですが、A/Bテストも多変量テストもテストするためのツールを使わないと、テストすることは難しいです。特に、多変量テストをするためには、結果を集計するためにも専用ツールが必要です。それは、別の機会に紹介します。(了)