Pinterestが新しくなりました

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
松永菜穂子(Matsunaga Nahoko)

執筆コラム

今週の授業

画像共有SNSのPinterestのデザインが一新しました。タブがの切り替えで、「ホームフィード」と「アイディアピン」の切り替えができ、「アイディアピン」は全画面で表示されます。
アイディアピンの投稿を試していましたが、通常の「ピン」に比べ目を引くためか、インプレッション数、クリック数とも4倍程度になっていました。テレビCMもあり、国内ユーザーは870万人(202
0年ニールセン調べ)に増え、ショッピングとも相性が良いため、今後伸びていくのではないかと思います。
 
▼「Pinterest」とは
Pinterestは、自分の好きな画像を集めてピンナップボードを作り、その情報を共有できるサービスです。Pinterest公式の解説では「ビジュアルディスカバリーエンジン」と表現されています。
 
▼「Pinterest」で出来る事
Pinterestでは、InstagramやFacebook等と同様にユーザー登録を行い利用します。パソコン、アプリの両方で利用が可能です。
Webサイトや、他のSNSの気に入った画像、後で参考にしたいイメージやサイト、レシピ等をPinterestに保存しておくことが出来ます。これを、Pinと言います。画像を保存すると言うよりは、画像
からサイトにリンクしているため、画像でブックマークをするイメージに近いです。
一方、他のユーザーがPinterest上でPinしている画像をPinすることをRePinと言います。Pinする場合は、カテゴリ―ごとに「ボード」を作り管理をしていきます。他のユーザーが作った「ボード」をフォローすることも出来ます。
 
▼画像のズームイン検索
画像の中にある一部の要素で検索が出来きます。Pinterestでは、Pinされている画像の一部をズームインし、移っている物等で検索が可能です。例えば、クリスマスのテーブルセッティングの写
真の中に、可愛いサンタのカップケーキが移っていたとすると、そのカップケーキの部分のみを枠で囲うと、サンタのカップケーキの画像が検索できます。
 
▼「アイディアピン」が使えるようになりました
「アイディアピン」は、複数の画像や動画をまとめてピンできる機能です。スライドショーのようなイメージで、画像や動画を最大20件利用でき、最大60秒の動画が作れます。テキストや音楽、音
声、ステッカーを付けられたり、フィルター機能もあります。Instagram等でもショート動画が人気ですね。
 
▼「Pinterest」使ってみてください
Pinterestには、ビジネス用のアカウントが準備されています。ショッピングの情報や、レシピの情報を表示させる機能等もありますので、購入に繋げやすいSNSではないかと思います。ご興味のある方は、一度使ってみてください。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須