【質問】Google reCAPTCHAのロゴが邪魔なので消したい

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
松永 菜穂子(まつなが なほこ)

執筆コラム

  • 今からでも Pinterestを始めてみよう - 今回の授業の先生 WEB活認定コンサルタント 松永 菜穂子(まつなが なほこ) 執筆コラム 今週の授業 メルマガでたびたびご紹介している Pinterestですが、InstagramやXをはじめとしたSNSでの集客が大変 […]
  • WEB活Plus会員限定 -  このコンテンツを閲覧するには「WEB活Plus会員」である必要があります。 WEB活Plus会員になると、様々な特典に加え、すべてのサービスを会員価格でご利用いただけるようになります。 WEB活Plus+ の詳細を見る […]
  • CanvaでWebサイトを作ってみよう - 今回の授業の先生 WEB活認定コンサルタント 松永 菜穂子(まつなが なほこ) 執筆コラム 今週の授業 今回は、無料でも利用できるグラフィックツール「Canva」でWebサイトを作成する方法をご紹介します。    ▼「C […]
  • カート作成はなぜお勧めされなかった? - 今回の授業の先生 WEB活認定コンサルタント 松永 菜穂子(まつなが なほこ) 執筆コラム 今週の質問と回答 【Q】 WordPressでLPを作成しようと思っています。カートもWordPressで作成出来ると聞いたので […]
  • 無料ツールで動画を作る方法 - 今回の授業の先生 WEB活認定コンサルタント 松永 菜穂子(まつなが なほこ) 執筆コラム 今週の授業 今回は、無料ツールの「Canva」で動画を作成する方法をご紹介します。    ▼「Canva」とは Canvaは、グ […]
  • 【質問】Google reCAPTCHAのロゴが邪魔なので消したい - 2022/12/21 Googleリキャプチャのロゴを非表示にすることは可能です。具体的には、スタイルシート(CSS)を利用し、非表示にします。 
  • Pinterest広告は何に向いている? - 2022/12/14 Pinterest好きなのですが、今回は今年6月から日本でも出稿できるようになった、広告について考えてみます。
  • 【質問】Instagramはインバウンドに効果的なのですか? - 2022/6/22 Instagramは、世界で約10億人のユーザーがいるSNSであり、コロナ前は、旅行前の情報収集にを利用している外国人も多く、この傾向はまだ変わらないと考えます。
  • Pinterestで広告とショッピングカタログが利用可能に - 2022/6/15 画像共有SNSのPinterestの広告サービス、Pinterestアドとカタログが日本でも利用可能になりました。まだまだ競合が少ないため、EC事業者には注目のSNSです。
  • 【質問】サーチコンソールでパンくずリストにエラー? - 2021/12/8 WordpressやHtmlで作成さているサイトでこの機能を使いパンくずリストを実装しているものは、「schema.org」に変更することでエラーは解決します。

今週の質問と回答

【Q】
WordPressのHPにGoogle reCAPTCHAを入れました。ロゴが邪魔なので消したいのですが、どうすればよいでしょうか?
─────────────────────
【A】
Googleリキャプチャのロゴを非表示にすることは可能です。具体的には、スタイルシート(CSS)を利用し、非表示にします。 
Googleが公式に推奨方法を提示していますので、その方法で対応するのが良いでしょう。
─────────────────────
 
Google指定の表示内容(HTML)を設定する
 
Google reCAPTCHAのfaqぺージを開きます
https://developers.google.com/recaptcha/docs/faq
「This site is protected by reCAPTCHA and the Google」と記載のある、グレーの枠まで移動します。
下記の短縮URLで、該当の位置が表示できます。
https://onl.sc/bAtpbSz
 

https://onl.sc/bAtpbSzThis site is protected by reCAPTCHA and the Google
<a href=”https://policies.google.com/privacy”>Privacy Policy</a> and
<a href=”https://policies.google.com/terms”>Terms of Service</a> apply.
 
の部分をコピーします。
 
ContactFormを利用している場合は、ContactFormのフォームの一番下に貼り付け保存します。
全体に表示する場合は、フッター部分に貼り付けても良いでしょう。
表示される内容は、このサイトはGoogle reCAPTCHAにより保護されているというような意味です。
 
次に、reCAPTCHAを非表示にするスタイルをコピーします。
先ほどhtmlをコピーした少し下のほうに.grecaptcha-badge { visibility: hidden; }と記載されたグレーの枠があります。
上記のスタイルをコピーします。
 
テーマにもよりますが、外観のカスタマイズの中に追加CSSというメニューがあります。
この中に、コピーしたスタイルを貼り付け、公開を押下します。
 
 
これで、reCAPTCHAのロゴは表示されなくなり、該当ページには、代わりに「This site is protected byreCAPTCHA and the Google」が表示されるようになります。
ロゴの代わりに、上記の記載がされることがGoogleの推奨方法です。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須

     

    メールアドレス 必須