【質問】急に直帰率が異常に下がりました。なにが考えられますか?

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
笠岡 はじめ(かさおか はじめ)

執筆コラム

今週の質問と回答

【Q】
先月から急に直帰率が下がりました。本当なら嬉しいのですが異常な数値です。どんな事が考えられますか?
─────────────────────
【A】
スバリ、GoogoleAnalyticsのコードが二重に登録されている可能性があります。そこをチェックしてください。
─────────────────────
 
実は、これは実際に私の会社のサイトであったことです。
 
スタッフから、「社長、うちのサイト、5月から急に直帰率が0に近くなっています。異常です」と報告がありました。
 
確かにその通り、ある日時から急に直帰率が落ちていたのです。
 
直帰とは、ユーザーが、ホームページに来て、すぐにホームページを去ってしまうことです。
 
直帰率が0に近いということは、ほぼすべてのユーザーがページを回遊していることになります。
 
それはありません。
 
よくよく調べてみたら、GoogleAnalyticsのIDがその現象が起こった日から二重に登録されていたのです。
 
なぜ、そんなことが起こったのか?
 
もともと、GoogleAnalyticsのIDは、Google TagMannager でホームページに設置していました。
 
一方で、ワードプレスのプラグインの中には、GoogleAnalyticsのIDを登録して、簡単に設置できる機能を持ったものがあるんです。
 
たまたま、他のスタッフが、そのプラグインのGoogleAnalyticsのIDの設置する場所が空になっていたので、消えてしまったのかと思い、気を使って登録してくれたんです。
  
とまぁ、こんな感じなのですが、もし、あなたのサイトでも直帰率が急に0に近くなったというときは、GoogleAnalyticsのIDの二重登録を確認してみてください。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須