メタバースとは何か?何ができるのか

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
笠岡 はじめ(かさおか はじめ)

執筆コラム

今週の授業

最近よく耳にするメタバース。メタバースという言葉は聴くけど、何ができるかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
 
今回は、メタバースとは何か?どうやってできるのか?そして、何ができるのか?についてお話します。
 
▼メタバースとは何か? 
 
メタバースとは、インターネット上の仮想空間(バーチャル・リアリティ/VR)のサービスの総称です。
 
メタバースは、メタ=超越した/高次+バース=ユニバース/宇宙を組み合わせた造語です。
 
▼仮想空間にはアバターで入ります
 
仮想空間には、アバターと呼ばれる自分自身の分身を介して入ります。メタバースを始めると、最初にアバターを作ることになります。
 
アバターは、仮想空間に入った段階で表示される用意されたものを使えるので、難しい操作はいりません。慣れてきたら、用意されたアバターの目を変えたり、肌の色を変えたり、服を変えたりして、よりオリジナルものを簡単に作ることができます。
 
仮想空間に入ってみると、自分に似たアバターの人、自分のお気に入りの格好のアバターの人(こうなりたかったという理想の人に近い/男性が女性のアバター等)、宇宙人や猫などの動物、アニメのキャラクターに似たアバターの方等、いろんな方がいらっしゃいます。
 
また、アバターは、アバター職人(デザイナー)に仮想硬貨を払ってオリジナルのものを作ってもらうという事もできます。
 
▼メタバースを始めるにはVRゴーグルを買います
 
メタバースを始めるには、VRゴーグルを購入するところから始めます。
 
VRゴーグルは、すでに何種類か存在します。価格も1万円台前半から10万円近くするものまであります。
 
2022年4月の段階で、評価の高いVRゴーグルは、Oculus Quest2(約3万7千円)でしょう。
https://www.oculus.com/quest-2/
 
メタバース社(Facebookの会社)が出しているもので、このVRゴーグルがあれば、パソコンと繋がなくても、このVRゴーグル1つで仮想空間を楽しめます。私もこれを持っています。(パソコンと繋げないと使えないVRゴーグルも多い。)
 
ちなみに、このVRゴーグルを購入したら、スマフォにVRゴーグル連動のアプリをダウンロードして、FACEBOOKのアカウントで認証するとすぐに仮想空間を楽しめます。
 
▼眼鏡だとキツイ。VRゴーグル用レンズがオススメ
 
ここで問題になったのが眼鏡。私は眼鏡をしているのですが、眼鏡をしたままVRゴーグルを取り外しするのは、結構大変でした。
 
そこで購入したのが、VRゴーグル用レンズです。眼鏡と同じ度のレンズのみを購入して、VRゴーグルに磁石で設置します。私は8,000円くらいのものを購入しましたが、探せばもう少し安いのもありそうです。
 
https://www.gizmodo.jp/2021/05/grass-4-vr.html
 
これで、より快適に仮想空間を楽しめるようになりました。
 
▼メタバース初心者は仮想空間で何ができるのか?
 
最後に、メタバース初心者でもメタバースで楽しめることは何か?についてお話します。
 
初心者ができることは、大きく分けて4つです。
 
1つめは、アバターを介しての他者とのコミュニケーション。打合せやチャットで使います。コミュニケーション特化型と仮想空間型があります。後者は、コミュニケーションだけでなく、その世界での活動、例えば、散歩したり、ライブ等のイベントに参加することができます。
 
●VRチャット(コミュニケーション特化型)
https://www.oculus.com/experiences/quest/
 
●Workroom(コミュニケーション特化型)
https://www.oculus.com/experiences/quest/2514011888645651
 
●クラスター(仮想空間型)
https://cluster.mu/
 
2つめは、ゲーム。例えばボクシングゲームは実際に目の前の相手と殴り合います。疲れます(笑)
 
●ボクシング(THRILL OF THE FIGHT!)
https://www.oculus.com/experiences/quest/3008315795852749
 
●卓球(Eleven Table Tennis)
https://www.oculus.com/experiences/quest/1995434190525828
 
3つめは、VR体験。例えば、ゾウを間近で見たり、世界遺産の滝に行く等の疑似体験ができたり、ジェットコースターに乗ったりすることができます。ジェットコースターは酔います(笑)
 
●3D疑似体験(YouTube VR)
https://www.oculus.com/experiences/quest/2002317119880945
 
●ジェットコースター(エピック ローラー コースター)
https://www.oculus.com/experiences/quest/2299465166734471
 
4つめは、Amazon PrimeやNetflix等の動画視聴です。実際にこの2つは、仮想空間内の映画館に入って1人で映画をみているような感じで視聴できます。
 
▼まとめ
メタバースが、今後、どのくらい普及するのかは、正直私もわかりません。しかし、理由があって外に出れない方の旅行体験や仮想空間内でアバターを通して、声(表情やジェスチャーも可能)で直接話せるなど、よりよい社会を作るために一役を担うようになるでしょう。
 
おそらく、仮想空間メインで生活する人と、リアルメインで生活する人と2極化する中で、多くの人は、必要なときだけ仮想空間に入るという世界になっていくのではないかと考えています。まぁ、どちらにしても、新しい体験です。興味を持ったら初めて見てはいかがでしょうか?

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須