アクセスログは宝の山!アクセス解析のポイントを知る

アクセス解析「Googleアナリティクス」は、あなたのサイトを訪問した閲覧者の足跡で、その内容を解析することで、いつ・どこから・どんな閲覧者が・どのように・何を求めてやってきたのか仮説し、閲覧者の興味や動向とサイトの適合性などを検証し、改善することが可能になります。アクセス解析で実際にどのような情報を見ることができるのか、そのポイントを解説していきます。

アクセス解析「Googleアナリティクス」の4つの視点

アクセス解析ツールGoogleアナリティクスの画面や用語は、1年も経つと変わってしまいますが、その中でも変わらないものがあります。それが、アクセス解析の4つの視点、「誰が(ユーザー)、どのようにして(集客)、何を(行動)、目標の達成(コンバージョン)」になります。
この4つの視点は、Googleアナリティクスの主要レポートとして提供され、サイト内のユーザー行動の流れに沿って整理されています。提供される情報としては、次のようなものがあります。

誰が(ユーザー)
サイトの訪問者に関する様々な情報が確認できます。
新規/リピータの割合、訪問回数、アクセス地域(市町村別)、年齢、性別など
どのようにして(集客)
訪問者がどこからやってきたかの経路を確認できます。
ネット検索/外部リンク先(SNSも含む)/広告など
何を(行動)
訪問者がサイト内で訪れていったコンテンツを確認できます。
キーワード、アクセスページ(ランディングページ)、ディレクトリなど
目標の達成(コンバージョン)
訪問者によるコンバージョンの詳細な情報が確認できます。
 コンバージョン率、コンバージョン経路など

これらのデータを解析すると、サイトの訪問者の属性や行動が分かるようになり、それに応じたサイトでの対策を講じることができ、サイトでの目標を達成することにつながります。

この4つの視点の概要と出力されるレポートのイメージは次のようなものになります。

ユーザー:サマリー

ユーザー全体の動向を知るための指標がユーザーメニューで調べられます。
ユーザーの属性に関するレポートで、ユーザーがどこにいるのか、新規ユーザーなのかリピーターなのか、デバイスはPCかスマホかタブレットなのか、などユーザー全体の傾向を知るためのレポートです。
指定した期間の訪問数、ユーザー数、ページビュー数、訪問頻度、滞在時間などの情報が、数値データとグラフで確認できます。

ユーザー

集客

ユーザーがWebブラウザーを操作し、何かのきっかけによってWebサイトを訪れたのか、どこかのWebサイトのリンクをたどってきたのか、検索エンジンで何かのキーワードを調べてきたのか、などが分かります。
集客メニューには、参照サイト、検索エンジンといったWebサイト訪問のきっかけを調べるレポートと、AdWrods、キーワード、キャンペーン、広告の種類といったレポートが並んでいます。
※最近は、ソーシャルからの誘導管理も実装されました。

集客

行動

どのページどれだけ閲覧されたか。入り口ページ(ランディングページ)の順位や、欄ディグページからサイト内の動線管理(行動フロー)が行えます。
ページ解析:トップページの画面上で内部リンクに対してクリック率を見ることでサイトデザインの参考になります。

行動

行動経路

コンバージョン

Webサイト運営者の目的とするページに、どのような経路でコンテンツを読み進んでユーザーが到達したのか、しなかったのか。そうしたWebサイトの目的達成についての指標がコンバージョンメニューで調べられます。コンバージョンメニューには、目標の到達数など、コンバージョンについてのレポートが並んでいます。
コンバージョンの設定には、目標を何にするのかが重要になります。

例:
お問い合せ件数
ダウンロードページ訪問者数
ショッピングカートページヘの訪問者数
コンバージョン

Googleアナリティクスの2大用語

「指標」と「ディメンション」は、Googleアナリティクスで必ず覚えておく2大用語です。アナリティクスのレポートは、全てこの2つの組合せで構成されています。
「指標」はレポートの横軸で表示する数値データで、「ディメンション」はレポートの縦軸で切り口や分析軸を表示します。

指標とディメンション

よく使う「指標」と「ディメンション」をご紹介しておきます。

指標

ページビュー数、セッション数、ユーザー数、ページ/セッション、平均ページ滞在時間、直帰率、離脱率、ページ訪問数、目標、コンバージョン率、トランザクション

ディメンション

▼ユーザー
ユーザータイプ、デバイスカテゴリ、性別、年齢、購買意欲の強いセグメント集客:チャネル、参照元/メディア
▼広告
キーワード、キャンペーン
▼ソーシャル
ソーシャルネットワーク
▼行動
ページ、ページタイトル、検索キーワード、ランディングページ、離脱ページ
▼時刻
月、週、日、曜日、時

アクセス解析活用マイレポート

「指標」と「ディメンション」の組合せにより、自分のサイトの数値データをどのように見るかを決めていくことが大切です。これを決めることにより、その「指標」と「ディメンション」をマイレポートとして、定期的に作成することができます。
自分で見たい情報をピックアップしておき、このレポートを見れば時間をかけずにサイト訪問者の確認ができるようにしておくことが大切です。

例えば、「サイト全体のアクセス数を増やしたい」場合には、
「アクセス数=総ページビュー数」として、「訪問者数と訪問者の平均ページビュー数を増やすこと」が目標となります。そのためには次のようなデータを確認する必要があります。

  • 新規訪問者数の増加
  • 新規訪問者の平均ページ/セッション数アップ
  • リピータの平均ページ/セッション数アップ
  • サイト全体の直帰率のダウン

マイレポート

このようなデータを確認できるマイレポートを作成できるようにします。そのマイレポートで期間を設定し作成し、期間内でのデータを比較し、定期的に観察することが重要です。
その結果、サイト訪問者の動向に問題があれば、それを改善していく必要があります。