webtest

ホームページを改善するためのテストは1つ1つしていくことが基本のキ

あなたのホームページは、
定期的に改善していますか?

たまに改善している方はいらっしゃると思いますが、定期的に改善している人は、おそらくいないでしょう。定期的に改善していれば、このコラムを読む必要ありませんからね。

では、ホームページを改善してブラッシュアップするにはどうしたらよいのか?その答えは、ホームページの「テスト」をすることです。

いきなり結論から入りますが、ホームページをテストするときの究極の質問があります。それは、

このホームページで、たった1ヶ所だけ改良できるとしたら、どこを改良する?

という質問です。つまり、ホームページの改善は、 1つ1つ修正して、改善したかどうか確認し、改善したらその結果を取り入れてブラッシュアップ していくことが基本なのです。

1
なぜなら、あるホームページの売上を上げるために、この上の図のように、メインイメージとボタンの2ヶ所を改善したとします。そして、うまく売上が上がったとしましょう。
2
しかし、これでは、メインイメージとボタン、どちらの変更が要因で売上が上がったか特定できません。

したがって、まずはこの「1つ1つテストしていくことが基本」というポイントを覚えておいてください。

テストの結果は指標(数字)と理由(成功要因)をもって判断する

それでは、テストをして改善されたとしましょう。その改善結果は、「何をもって測定されたか?」つまり、指標(数字)と「どうして結果が得られたか?」つまり、理由(成功要因)が明確になっていることが大前提です。

もう少し細かく言うと、まず、 仮説を立てて修正箇所を1ヶ所特定し、その結果を判断するために、どの指標を使うのかを決める必要がある ということです。

例えば、先ほどの例の場合、「購入ボタンが緑色でわかりにくかったのではないか?赤く目立つようにした方が、購入ボタンを押してくれるのではないか?」と仮説を立てます。

そして、ボタンのクリックされた数を指標として、ボタンを改善した方が、購入ボタンを押してもらえる確率がふえるかどうかをテストするのです。
3
その結果、「ボタンがクリックされた数」という指標が、改善前よりも増えた場合、「購入ボタンを分かりやすくした結果(=成功要因)、ボタンのクリック数が◯◯%アップした。だから改善された。」と判断するのです。

他のサイトを見て、「よし!うちのサイトもこんな風にしてみよう」と適当に改善してもダメなのです。カンではなく、仮説を立てて、数字と成功要因が明確になっていることが改善のためのテストの大前提であり、継続的にホームページがブラッシュアップするのです。これが2つめのポイントです。

ちなみに、今まで話してきた指標(=数字)に関しては、アクセス解析の知識がある程度ないとできません。アクセス解析については、いつか他のコラムでお話しします。

テストの目的は、ホームページの目標達成の確率を100%に近づけること

テストの目的は何でしょう。それは、ホームページの目標する確率を100%に近づけるためです。

そのためには、「あなたのホームページが、何のためにあるのか?」がわかってないといけません。もう少し正確にいうと、「あなたのホームページのコンセプトは何か?誰に、何を、どのように提供するホームページなのか」が明確になっていることです。

その上で、最初の究極の質問、「たった1ヶ所だけ改良するとしたらどこを改良する?」という質問に答えてテストを繰り返し、定期的にホームページを改良して、目標に達成する確率を100%に近づけていくのです。あなたのホームページのテストの目的を知ること。これが3つめのポイントです。