「Googleで予約」を活用してお店予約を便利に!

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
松本 年史(まつもと としふみ)

執筆コラム

今週の授業

皆さん、「Googleで予約」をご存じでしょうか?
 
「Googleで予約」は、Google検索やGoogleマップ、Googleアシスタントで検索した飲食店や美容室、フィットネスクラブなどの予約を、Googe上で直接行うことが出来るようになるサービスです。
 
「Googleで予約」は、Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の機能として提供されています。検索結果に表示されるGoogleマイビジネスの店舗情報に予約ボタンが追加されますので、利用者はそのボタンを押すことで空き状況の確認や予約を行うことが出来るようになります。
 
利用者はお店のホームページや予約サイトを探す必要がなく、検索結果から直接予約ができるようになります。また、予約を行う際にはGoogleアカウントに登録されている氏名や電話番号、メールアドレスの情報が自動的に挿入されますので、入力の手間も省けます。
 
利用者にとって予約の利便性が向上しますので、予約数の増加が期待できます。オンラインでの予約を受け付けている場合は、使わない手はないサービスと言えるでしょう。
 
「Googleで予約」は、Googleが予約システム自体を提供している訳ではなく、対応するパートナー企業が提供する予約システムと連動する形で提供されています。
 
Googleマイビジネスの登録があれば「Googleで予約」は無料で利用できますが、対応する予約システムの契約が必要になります。日本国内では、現状以下のような予約システムが「Googleで予約」に対応しています。現在利用している予約システムが「Googleで予約」に対応していれば、直ぐにでも利用が可能です。
 
《レストラン(飲食店)》
TORETA、ぐるなび、EPARKグルメ、RETTY、ヒトサラ、TableCheck、GATE Reserve
 
《美容(美容室、ネイルサロン、エステなど)》
STORES予約、EPARKビューティー、かんざし、ビューティーメリット、RESERVIA
 
《フィットネス(フィットネスクラブ、ヨガなど)》
STORES 予約
 
《アクティビティ(イベント、観光スポットなど)》
アソビュー
 
 
ということで、「Googleで予約」についてご紹介をいたしました。
 
オンラインで予約が出来ることが当たり前のようになってきた現在、予約の手間をいかに簡略化できるかが重要になってきています。「Googleで予約」を活用することで、利用者にとって猥雑な予約の手間
を減らすことができますので、集客向上につながることは間違いありません。
 
特に店舗によるビジネスを行われている事業者の皆様には、ぜひ活用いただきたいサービスです。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須