Web担当者にとってノーコードツールとは

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
重藤 信二(Shigetoh Shinji)

執筆コラム

今週の授業

最近のIT業界では「ノーコード(NoCode)」という言葉をよく聞くようになりました。
「ノーコード」とはアプリケーションを開発する 際の機能が既に用意されているため、プログラミング(コーディング)をしなくとも開発ができることをいいます。
ノーコードによる開発ツールを活用することにより、プログラミング言語の知識がなくとも短期間でアプリケーションの提供が可能となります。
 
以前より使われていた言葉でしたが、ここ数か月で特に注目されるキーワードとなってきました。
その理由として、

  • ユーザの目に触れるフロントエンドの開発と、アプリケーション制御やアプリ間の連携を行うバックエンドの自動化が、一体で実現ができるようになってきた
  • ツール操作が成熟化して使いやすくなった・無償、もしくは比較的安いサービス料金で利できるノーコードツールが増えた

ことが挙げられます。
  
例えば、
Microsoftでは2021年3月2日にRPAツールであるPower Automate Desktopが無償提供されました。
その結果Webアプリ作成のPower App、RPAツールのPower Automate、及び可視化ツールのPower BIが一体として利用できるようになりました。
Googleは、既に提供済のWebアプリ作成ツールのAppSheet、可視化ツールのGoogleデータポータルに加え、RPAツールである、Appsheet Automationを、2021年4月13日に正式にリリースしました。
 
それでは、Webの仕事に携わる皆さんにとって、ノーコードツールはどのように役立つものでしょうか。利用シーンを3つほど考えてみました。
 
1.Webデザイン+CMSツールとしての活用
wordpressもCMS(コンテンツ管理システム)であることから、ある意味ノーコードツールともいえるのですが、wordpress以外にもランディングページジなどを短時間で作成できるノーコードツールが増えてきました。特に近年リッチなWebデザインを提供するノーコードツールが増えています。
 
2.Webアプリとしての活用
ノーコードツールのフロントエンドは、モバイル等Webアプリとして提供することも多いです。
Webアプリは、起動の早さ、プッシュ機能の充実オフラインとしても利用できるなど、Webサイトと比べて優位な点があり、集客強化や、アプリを入れてくれたユーザへの効率的なメッセージ配信が可能となります。
 
3.バックヤード業務での活用
ECサイトや会員向けサイトを運営している場合は面倒な購入者・利用者の管理や請求、レポートの作成などバックヤード業務を、ノーコードツールを利用すれば、短期間で効率化することも可能となります。
 
普段プログラミングをしない方にとっては、こうしたツールを有効活用することで、業務生産性の向上やWebマーケティング力強化に向けたきっかけが得られることでしょう。
 
但し、こうしたツールを闇雲に利用すると、かえって業務が煩雑になってしまいます。また、プログラミングを行わないため、業務のきめ細かいニーズには対応できない場合が多いです。
業務全体を見直しつつ、ツールを利用する作業をできるだけシンプル・定型化した上で、利用したほうがよいでしょう。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須