WEB活用の教科書

ABテストって知っていますか?

1つのWebページに対して、オリジナル(Aパターン)とは別に、Bパターンを作って、AとB、どちらが効果のあるページかをテストする手法です。

このABテストを無料で実施できるのがGoogleオプティマイズです。

▼Googleオプティマイズ
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/
 
Googleオプティマイズは、Googleアナリティクスと連携して使います。

例えば、テストするWebページの目的が、「無料相談申込み」だとすると、Googleアナリティクスの目標に「無料相談申込み」を作成しておくことが必要になります。

Googleオプティマイズの設定時にGoogleアナリティクスと連携するときにGoogleアナリティクスの目標が自動的にリストアップされて、今回の場合「無料相談申込み」という対象の目標を選択することができます。

そして、オリジナルのWebページ(Aパターン)を登録して次に例えば、キャッチコピーを変更したBパターンのテストページを登録します。

オリジナル(Aパターン)の登録は単純にそのURLを登録するだけ。

さらにすごいのは、このGoogleオプティマイズ上で、オリジナルのAパターンのWebページをWordで編集するように編集してBパターンを作れます。

次にGoogleオプティマイズのタグをコピーして、対象のテストサイトにペーストします。

これらの設定ができたらテスト開始です。

このように、高度なツールが無料で使えるのですが、ABテストをするときは、次のことを明確にしておきましょう。

1.目的を明確にする

何のテストするのか?を明確にしましょう。
 
2.問題点をデータから推測する

目的が、無料相談申込みなら、無料相談ページにそもそも来ていないのか、無料相談ページに来ているけど申し込んでくれないのか?などをGoogleアナリティクスからデータをみて推測しましょう。

3.仮説を立てる

データでボトルネックになる場所がわかったら、それをどう改善すればよくなるか仮説を立てましょう。
例えば、無料相談ページには来てもらっているけど、離脱率が多く滞在時間が短いので、キャッチコピーを含めたファーストビューがわかりにくくて、読んでもらえないのでは?などといった仮説です。

4.ABテストをする

ファーストビューが問題だという仮設なら、今回は、キャッチコピーを2パターン作ってみよう、とか、メインイメージを変更してみよう等と改善箇所を絞り込んで、テストを開始していましょう。

ということで、今日は、Googleオプティマイズの紹介と使い方の概要の説明でした。
ぜひ使ってみてください。

▼Googleオプティマイズ
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/

■今回の授業の先生のプロフィール
──────────────────────────
WEB活認定コンサルタント
笠岡 はじめ(かさおか はじめ)
 
▼プロフィール・経歴
2000年ころから全国ネットテレビ局通販サイトのプロデュース、マーケティング、運営支援の他、大手コンビニエンスストアの決済システムや外資系有名ニュースメディアのニュースサイト運営などのプロジェクトに関わる。

現在は、飲食店の経営コンサルティング会社、株式会社飲食店繁盛会の代表として、飲食店のコンサルティングや飲食店のWeb活用のサポートをすると同時に、東京商工会議所のWeb戦略パートナーとして東京の中小企業のWeb活用のサポートをしている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須