WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 TOPぺージの画像は、WEBサイトで目を引くところ
だと思いますが、作成する上で気を付けたほうが
良いことはありますか?

  ─────────────────────

【A】
→TOPぺージ上部に表示される画像(以下TOP画像)
は、サイトを表示した際に一番最初に目にする非
常に重要な部分です。サイトによっては、スライ
ドショーとなっているものや、動画が表示できる
ものもあり、他のサイトと差別化を図ることがで
きる部分で、力を入れて欲しいところです。

→TOP画像で「誰に」「何を」伝えるのかを考えて
 画像を作成してください。ついつい、好きな画像
 を使って見た目重視になりがちです。
 例えば、物販のサイト
 で、
 ・20代女性に「商品を買ってほしい」と伝えたい
 ・50代女性に「商品を信頼してほしい」と伝えたい
 上記2つでは、ビジュアルの画像もキャッチコピー
 も大きく変わりますよね。

 →また、現在はパソコンよりスマートフォンでの
 アクセスが多くなっているのですが、TOP画像は
 レスポンシブデザインを採用しているサイトの多
 くでパソコン用に最適化して作られている事がま
 だまだ多いです。
 
 →パソコン用の画像とスマートフォン用の画像を
 別々に設定できるサイトはまだ良いのですが、同
 じものを表示する場合は、スマートフォンでは画
 像が縮小されてしまい、せっかくのTOP画像が生か
 しきれません。
 「スマートフォンで表示させた場合に最適化する」
 事に注意して欲しいと思います。

 →画像にキャッチコピーを入れる場合は、
 スマートフォンで読める大きさにする。
 パソコンでは多少少ないと思いがちですが、
 文章も入れすぎず、シンプルにしたほうが良い
 でしょう。
 また、読み込み時間を早くするため、画像を圧
 縮してサイズ小さくすると良いです。
 https://tinypng.com/のような画像圧縮サービ
 スを利用してみてください。

 →これからサイトを作成する場合は、TOP画像
 をスマートフォン、パソコンで別に設定できる
 ものや、キャッチコピー等の文字をテキストと
 して表示できるものを選択すると、より希望通
 りのTOP画像とすることが出来ると思います。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  松永 菜穂子(まつなが なほこ)
 
  ▼プロフィール・経歴
  福岡県内のIT関連企業にてシステム開発、製品企
  画に従事した後、東京都内のITベンチャーにてWe
  b、モバイル端末の業務利用、SNSのコンサルティ
  ングに携わる。2008年:独立創業 株式会社イン
  サイトアイ(代表取締役)

  現在、中小企業のIT化と業務改善の支援を中心と
  して活動中。ひたすらお客様(現場)の声に耳を
  傾け、ひたすらその思いを形にしていく、そんな
  ありきたりなスタイルこそが私のスタイルです。

  中小企業のIT化と業務改善の支援を中心としたIT
  コンサルティング、Webによる集客・ECサイトの
  構築・運営等のWeb戦略を支援します。

  【主な実績】 Webサイト構築 運用支援/ECサイ
  ト構築 運用支援/社員教育/IT戦略 ロードマ
  ップ

  2012年4月より、東京商工会議所のWeb戦略パート
  ナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須