【質問】検索順位が下落。どう対策すればよいですか?

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
森屋将光(Moriya Masateru)

執筆コラム

今週の質問と回答

【Q】
Googleコアアルゴリズムアップデートが昨年12月4日あり、検索順位が下落してしまいました。基本どのような対策をすればよろしいでしょうか?

─────────────────────
【A】
まず初めにコアアップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」の略称で、Googleが検索アルゴリズムのベースとなる部分を大きく見直して更新することです。
─────────────────────
 
コアアップデートの履歴(歴史)としては、2020年は、1月14日の1回目に次いで、5月5日が2回目、12月4日が3回目となります。
 
とくに、12月4日が「健康と医学」「財務、金融、法律」といったYMYL系キーワードの順位変動幅の大きさが目立ちます。
 
では、基本的にどのような対策をとればよいでしょうか?

 
1.E-A-Tを高める
 
E-A-Tを高めるには、専門性を考慮します。
 
例えば、トピックに関して充分な知識を持った専門家がコンテンツを作成したとします。この場合、専門性が高くなりやすいので、その分Googleから評価されやすくなるというわけです。また、専門性だけでなく、権威性や信頼性を考慮することもE-A-Tを高めるうえで重要です。
 
2.UX(ユーザーエクスペリエンス)を高める
 
UXを高めるには、モバイルでの使いやすさを考慮します。
 
例えば、スマホでサイトを見たときに、ブラウザの横幅から画像やテキストがはみ出ずにコンテンツがちゃんと収まってるとします。この場合、モバイルユーザーの利便性が高まるので、その分Googleから評価されやすくなるというわけです。
 

3.ユーザーが求める情報を提供する
 
ユーザーが求める情報を提供するには、競合上位のWebページを考慮します。
 
例えば、SEOキーワード(上位表示したいキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容を採用して、自身のページを作成します。このときにタイトル名には、SEOキーワードを必ず含めます。そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれたページとなるので、Googleから評価されやすくなるというわけです。
 
この上記3点を抑えて対策を講じて見てください。
 

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須