【質問】TikTokに向いていない業種ってなんですか?

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
森屋 将光(もりや まさてる)

執筆コラム

今週の質問と回答

【Q】
TikTokに向いていない業種ってなんですか?
─────────────────────
【A】
ご自身の仕事柄、もしくはクライアントの業種によっては、TikTokでの発信が適さないのではないかと思っているかもしれません。
─────────────────────
 
参考になるかもしれない例を2つ紹介します。
 
仕業の人達を育成する仕事をしている人も、最近TikTokを始めました。
 
仕事柄、専門的なことを発信しているのですが、世間的なトレンドも要素も取り入れています。
 
たとえば直近で起こった事件や社会的なニュースの話題を語ったうえで、ご自身の専門分野の話につなげています。
 
ですから、
決して大きく「崩す」必要はありません。
 
弁護士の方も、トレンドになっているニュースや事件を弁護士目線で話をし、フォロワーを獲得しています。
 
つまり、いかに視聴者の興味や関心、関連すること、心をつかむことを専門的な分野で話ができるかということが大切であると言えます。
 
切り口をうまく考えれば、決して自分自身のブランドが崩れることはありません。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須