SEOキーワード選定・キーワードリサーチ術

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
森屋将光(Moriya Masateru)

執筆コラム

今週の授業

SEOのキーワード選定は以下の3つのステップで考えるとよいでしょう。
 
1.SEOツールでキーワードをリサーチする
 
無料(Keyword Tool、Soovle)・有料(Ahrefs や SEMrushなど)のキーワードツールや、Googleキーワードプランナーを使用してキーワード候補(キーワ
ードアイデア)をリサーチします。
 
リストアップしたキーワードは、GoogleスプレッドシートやExcelで管理しておくと便利です。
 

2.キーワードを分類して選定する
 
「1.」で収集したキーワードアイデアを、検索意図(ユーザーがGoogleで検索する目的)、検索数(検索ボリューム)、難易度などの観点から分類します。
 
選定は1つの指標のみで判断することは困難ですので、様々な指標から総合的に判断することが求められます。
 

3.キーワードと検索意図に最適化したコンテンツを作る
 
選定したキーワードに最適化したコンテンツを作ります。コンテンツのターゲットとなるメインキーワードを選定したら、次にそのキーワードの関連キー
ワードを探します。
 
そして、内部対策を施していきます。
 
内部対策は、コンテンツをユーザーと Google に、わかりやすく伝えるために重要な施策です。
 
ターゲットとなるキーワードがメインテーマであることを伝えるために最適化します。
 
例えば、以下のようなことを実施していきます。

  • キーワードをタイトルに使用する。
  • キーワードを含んだ簡潔なURL にする。
  • コンテンツのイントロダクションにキーワードを使用して、コンテンツのメインテーマを明らかにする。
  • H1タグにメインキーワード、H2・H3タグに関連キーワードを使用して、コンテンツの構成を明確にする。

などです。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須