デジタルマーケティングとは

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
森屋 将光(もりや まさてる)

執筆コラム

今週の授業

デジタルマーケティングは実は2017年頃から言われ始められました。
 
デジタルマーケティングは大きく「データドリブン」と「オムニチャネル」の2つに分解できます。
 
「データドリブン」とは消費者理解と消費者へのアプローチを、勘や経験ではなく、データに基づいて行うということです。
 
「オムニチャネル」とは、消費者と企業の接点であるECチャネルとリアル店舗をシームレスに統合し、消費者への購買の場を提供し、一方で、消費者購買行動データ取得の場とすることにあります。
 
従来型マーケティングの定義は、市場の成熟期における「顧客との関係性」を重視した考え方に変化しています。
 
デジタルマーケティングは、マーケティング部門のみらなず、サプライチェーン部門、ロジスティクス部門、システム部門、研究開発部門、営業部門とが一体になって行うものです。
 
デジタルマーケティングは従来型マーケティングを包含し、進化させる関係となってくると言えます。

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須