WEBサイト制作の基礎

中小企業を経営される企業の中では、WEBサイトに関連する基礎的な理解を有する人財が不足していることによって、社外の業者にWEBサイトの制作や管理を任せっぱなしにしているという状況が少なからず見受けられます。
本稿では「WEBサイトの制作」の基礎についてご紹介します。「WEBサイトの制作」の一連の流れや基礎を理解することによって、WEBサイトを活用して、自社のビジネスとして実現したい内容をより具体化して検討することができます。また社外の業者に業務委託をする前に、自社でWEBサイトの制作や管理の可否を判断する為の確認をしましょう。

ワードプレスの構築手順

初心者でも比較的簡単にWEBサイトを制作することができる代表的なCMS(Content Management System)ツールとして、無償で利用することができる「WordPress(ワードプレス)」の構築手順について説明をします。
<※関連コラム:「ワードプレスって何だ? あの企業も活用している話題のツール」>

1.サーバーを用意する

自社で管理しているサーバーや、ホスティング業者が月額や年間の有償契約で提供しているレンタルサーバーを用意しましょう。代表的なホスティング業者のレンタルサーバーの事例としては、「エックスサーバー」「ロリポップ」「さくらサーバー」等が挙げられます。ワードプレスのWEBサイトを制作する際は、「データベース(MYSQL)」を備えたサーバーを用意できることがポイントです。

2.ワードプレスをインストールする

自社で管理しているサーバーがある場合は、「WordPress 日本語ローカルサイト(https://ja.wordpress.org/)」より、最新のワードプレスを無償でダウンロードをして、サーバーにインストールを行いましょう。
ホスティング業者が提供するレンタルサーバーを利用する場合は、比較的簡単にワードプレスをインストールすることのできる環境(例:レンタルサーバーの管理者画面より、ワードプレスのインストールボタンをクリックして設定を行う場合等)を用意している事が多いです。ホスティング業者が示すワードプレスのインストール手順をよく確認したうえで、レンタルサーバーの環境に沿ってワードプレスのインストールを行いましょう。

3.デザインテーマを選ぶ

ワードプレスのインストールが完了すると、ワードプレスの管理画面を確認することができ、WEBサイトを制作することができるようになります。自社でイメージしているWEBサイトのデザインに合ったテーマを選びましょう。

デザインテーマを選ぶ

4.機能を追加する

WEBサイトの各ページで、表現したい(スライドショーなど)機能(問合わせフォームなど)に応じて、プラグインを追加しましょう。

機能を追加する

5.コンテンツを入力する

事前に用意した文章や写真などを、「固定ページ」「コメント(投稿ページ)」に分けて入力しましょう。

ワードプレスの構造

  • 無償で利用することができる「WordPress(ワードプレス)」をインストールすることによって、あなたの目的に沿ったWEBサイトを制作することができます。
  • ワードプレスの管理画面より、「WordPressテーマ(テンプレート)」を選択することによって、あなたがイメージするWEBサイトの大枠が決まります。
  • そこに「画像ファイル」、「コンテンツ文章」、「プラグイン(機能)」等を追加・設定することによって、徐々にWEBサイトが出来上がっていきます。
  • そして、「データベース(MYSQL)」を備えたサーバーによって、制作されたWEBサイトの情報は公開されることになります。

ワードプレスの構造

ページの種類

「WordPress(ワードプレス)」の管理画面では、「固定ページ」または「コメント(投稿ページ)」によって、コンテンツ文章を掲載することができます。WEBサイトを活用して、あなたが相手に伝えたい内容(情報)に応じて、ページの種類をうまく使い分けましょう。

  1. 固定ページ:会社情報、製品情報など普遍的な情報を掲載するページ
  2. コメント(投稿ページ):お知らせ、ブログなどの追加される情報を掲載するページ

ページの種類

本稿では、「ワードプレス(WordPress)」の構築手順と構造について説明をしました。WEBサイト制作の一連の流れをイメージすることができたでしょうか。
ワードプレスは、見栄えが良くて品質の高い多様な「テーマ(テンプレート)」を利用することができます。参考書籍等の情報も比較的多く出回っており、WEBサイトを制作したことのない全くの素人の方でも、WEBサイトを制作し易い環境が整っています。興味や関心を持たれた方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。