検索上位表示に関するGoogleの見解

WEB活用の教科書

今回の授業の先生



WEB活認定コンサルタント
五島 一輝(ごしま かずてる)

執筆コラム

今週の授業

2020年9月10日、Googleが公式サイト上で、「How Google delivers reliable information in Search」というレポートを発表しました。
 
「Google は、検索において、どのようにして信頼性の高い情報を提供しているのか」ということを説明した重要なレポートです。
 
この中で、いくつか着目すべき見解が述べられています。
 
以前メルマガで「BERTアップデート」を紹介しました。BERTアップデートによって、検索エンジンは、従来以上に検索ユーザーの検索意図を理解できるようになると、そのメルマガでもお伝えしました。
 
この件に関連したこととして、先のレポートの中で、BERTアップデートにおいて「誇張された言葉や画像、不正確、低品質、無益な言葉や画像は理解できない」と述べています。
 
当たり前のように聞こえますが、裏を返せば、検索エンジンは、「誇張されておらず、正確、高品質、有益な言葉や画像は理解できる」と言っていると解釈して差し支えありません。
 
このような見解を示唆している点が重要なポイントと言えます。Googleが、検索結果の上位に表示する上で重視しているポリシーを表明していると考えられるからです。これが、1点目の着目すべき点です。
 
また、検索結果の妥当性の確認についても触れており、その際、これも以前「YMYL関連サイトのコンテンツ」というタイトルのメルマガの中で照会した「E-A-T」を重視していると述べています。
 
Googleは検索結果の妥当性の確認(=評価)のために、1万人以上の評価者によって、検索結果を評価しています。その評価において、「E-A-T」を重視しているのです。
 
つまり、評価者が「E-A-T」という基準で評価した結果と、検索エンジンの検索結果の整合性を確認し、乖離などについて、検索エンジン開発部門にフィードバックしているのです。
 
フィードバックしているのですから、検索エンジンの検索結果が「E-A-T」を基準にした評価に近似してくるのは自明です。これが、2点目の着目すべき点です。
 
他のことにも言及していますが、検索上位表示ということに関連していることとしては、これら2つの点が特に重要です。
 
改めて、これら2点を意識したコンテンツ創りを行い、検索上位表示を目指してみてはいかがでしょう。
 
Googleのポリシーを素直に受け止めて頑張るあなたに、Googleが検索上位表示で応えてくれかも…

-->「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

    氏名 必須  
    メールアドレス 必須