WEB活用の教科書

 WordPressは日本国内で利用されているCMS
 の中で8割以上のシェアを占めています。
 (世界では約3割)

 無料で利用できるので導入している事業所も多い
のではないかと思います。

そんなWordPressですが、管理画面の上部に
最新版への更新(バージョンアップ)情報が表示
されているのは皆さんご存知だと思います。

 そのまま更新してしまって大丈夫だろうか?

 自分で更新して不具合が出たらどうしよう、と思っ
 てそのまま更新していない方も多いのではないで
 しょうか?

 それとも特に気にせずにそのまま更新していますか?
 あなたはどちらでしょうか?

 最新版が公開されたのだからすぐにバージョンアッ
 プしたほうが良いと思うのは当然ですが、バージョ
 ンアップを行うには事前に確認すべきことや手順が
 あります。

 それを知らずにバージョンアップを行っていると、
 画面が真っ白になってサイトが表示されなくなった
 り、プラグインなどの一部機能が動作しなくなる
 などの不具合が出る可能性があります。

 そのような事態を避けるために、バージョンアップ
 前の確認事項や手順についてここで学習しておき
 ましょう。

 ▼更新前の確認事項
 1、WordPressのサーバー要件にサーバーが対応
   しているかを確認する。
  ⇒https://goo.gl/Z22WmA

 2、プラグインが最新バージョンに対応しているか
   確認する。

 ▼バージョンアップを行う手順。
 1、すべてのファイルとデータベースのバックアッ
   プを行う。
 2、すべてのプラグインを停止する。
 3、WordPressのバージョンアップを行う。
 4、停止したプラグインを有効化する。
 5、更新後、WEBサイトの表示や機能、管理
   画面などに不具合がないか確認する

 WordPressのバージョンアップはセキュリティ
 関連のものも含まれているため、できることなら
 最新版で運用していくことが理想です。

 バージョンアップしたことによりプラグインが動作
 しなくなり、修正が必要になる場合もあります。

 また、更新したバージョンにバグが発見される
 ようなこともあります。重要なセキュリティ対応
 でなければ、最新版の公開後、しばらく経って
 からバージョンアップした方が良いです。

 上記の確認事項や手順を守ってバージョン
 アップを行えば、不具合が出るリスクを下げる
 ことができます。

 サイトを安心・安全に運用していくためにもバー
 ジョンアップを行っていくことは必要です。

 どうしても自分でバージョンアップを行うことに
 不安がある方はが、専門家や制作会社などに
 一度相談してみてはいかがでしょうか。

 
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  桑原 篤史(くわばら あつし)
 
  ▼プロフィール・経歴
  印刷・サイン業界で約15年、販促支援などの
  企画営業を経験し、2009年に独立。

  中小企業、特に小規模事業者を中心にIT
  導入からWebサイトの企画、構築、運営まで
  一貫して支援を行っている。

  ITコンサルタントの活動とあわせ、Web制作事
  業を行い、多くのサイト制作や運営サポートに
  携わることで、実務経験に基づいた成果を出す
  ためのWeb活用を支援している。

  2015年4月より、東京商工会議所のWeb戦略
 パートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須