WEB活用の教科書

 ネット活用をしていれば、いつかはネット広告に
 広告費を投入すると思いますが、
 広告の費用対効果ってどう出していますか?

 例えば、こんな言葉があります。

 ・コンバージョン(CV)
 ・コンバージョン単価(CPA)
 ・コンバージョン率(CPC)
 ・クリック率(CTR)
 ・シービーエム(CPM)
 ・ロアス(ROAS)
 ・ライフタイムバリュー(LTV)

 あなたはいくつ知っていますか?

 これについては、今度のメルマガで
 紹介しますので、今回は割愛しますが、
 実は、これらは、すべて

 「その広告費用に対して、
  儲かったのか、儲かっていないのか?」

 がわかる指標ではありません。

 では、その広告費に対して、儲かったか否かは
 どう出すのでしょうか?

 それは、このような計算式で割り出せます。

 広告の費用対効果=(売上ー売上原価)/売上原価

 ちなみに、原価に広告費も入ります。

 例えば、売価4万円で原価3万円。
 広告を2万円出して、
 6個売れたとします。売上は24万円です。

 ・売 価 4万円(原価 3万円)
 ・販売数 6個
 ・売上  24万円
 ・広告費 2万円

 これを計算式に当てはめると

 {24万円 ー(3万円?6+2万円)}/(3万円?6+2万円)
 =4/20=0.2(→20%)

 となります。

 この場合は、10000円の広告費をかけると
 12000円の収益(粗利益)が出るということです。

 つまり、1万円の広告で2000円利益が
 増えたということです。

 いかがでしょうか?

 効果測定の指標はいろいろありますが、
 まずは、この計算式を覚えておいてください。

 では!

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  笠岡 はじめ(かさおか はじめ)
 
  ▼プロフィール・経歴
   2000年ころから全国ネットテレビ局通販サイ
   トのプロデュース、マーケティング、運営支
   援の他、大手コンビニエンスストアの決済シ
   ステムや外資系有名ニュースメディアのニュ
   ースサイト運営などのプロジェクトに関わる。

   現在は、飲食店の経営コンサルティング会社
   、株式会社飲食店繁盛会の代表として、飲食
   店のコンサルティングや飲食店のWeb活用の
   サポートをすると同時に、東京商工会議所の
   Web戦略パートナーとして東京の中小企業の
   Web活用のサポートをしている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須