WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 ネットでの成約率や効果を測る指標は
 どんなものがありますか?
  
 ──────────────────────

【A】
 よく使われるものは、例えば、次のようなもの
 があります。

 ・コンバージョン(CV)
 ・コンバージョン単価(CPA)
 ・コンバージョン率(CPC)
 ・クリック率(CTR)
 ・シービーエム(CPM)
 ・ロアス(ROAS)
 ・ライフタイムバリュー(LTV)
 
 これらを一つ一つ説明していきます。
 ──────────────────────

 →ネットでビジネスをする場合、少なからず
  効果計測をしなければなりません。

  その効果測定の指標となるもので、
  基本的なものを説明していきます。

 →コンバージョン(CV)

  まずは、コンバージョン。コンバージョンとは
  目標(ゴール)です。目標を達成した数を
  コンバージョン数と言います。

  例えば、Webサイトの目標が問合せであれば、
  Webサイトからの問合せの数がコンバージョン数
  となります。

  通販サイトのように販売が目的であれば、
  注文がコンバージョン。
  注文数がコンバージョン数となります。

 →コンバージョン単価(CPA)

  コンバージョン単価とは、コンバージョンを
  1つ獲得するためにかかった費用です。

  例えば、広告費を1万円かけて、問合せが
  2件来た場合、CPAは5,000円となります。

 →コンバージョン率(CVR)

  コンバージョン率とは、Webサイトに流入
  した数に対するコンバージョンした割合。

  例えば、キーワード広告を出して、
  100回クリックされて、ホームページに
  来てもらい、3つ販売できたのであれば、
  CVRは3%となります。

 →クリック率(CTR)

  クリック率とは、表示された広告の回数に
  対してクリックされた割合。

  キーワード広告を出向して、1000回表示されて
  50回クリックされた場合、CTRは5%となります。

 →シーピーエム(CPM)

  CPMとは、広告が1000回表示されたあたりの料金。
  たとえば、キーワード広告を出稿して、
  1000回表示されるのに、広告費が500円であれば、
  CPMは500円となります。

 →ロアス(ROAS)

  ROASとは、広告経由の売上÷広告費。つまり、
  広告費の何倍の売上を上げられたかをみる
  効果測定法です。

  例えば、1000円の広告費をかけて5000円の
  売上があれば、ROASが5倍というような
  言い方をします。

  ただし、適正倍数は、商品によって異なるので
  どちらかというと、前回の広告に対して、
  今回は、どのくらい効果的であったかという
  判断材料になります。

 →ライフタイムバリュー(LTV)

  顧客生涯価値友いわれ、お客様が長期的に
  支払ってくれる売上を言います。

  LTV=1回あたりの平均購入額
        ?年間平均購入回数?平均継続年数

  通販、ECサイトでは重要な指標で、長い目でみて
  その広告が効果があるかを判断する指標となります。

  いかがでしょう。

  今回紹介したものは、基本的な指標です。
  ぜひ慣れておいてください。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  笠岡 はじめ(かさおか はじめ)
 
  ▼プロフィール・経歴
   2000年ころから全国ネットテレビ局通販サイ
   トのプロデュース、マーケティング、運営支
   援の他、大手コンビニエンスストアの決済シ
   ステムや外資系有名ニュースメディアのニュ
   ースサイト運営などのプロジェクトに関わる。

   現在は、飲食店の経営コンサルティング会社
   、株式会社飲食店繁盛会の代表として、飲食
   店のコンサルティングや飲食店のWeb活用の
   サポートをすると同時に、東京商工会議所の
   Web戦略パートナーとして東京の中小企業の
   Web活用のサポートをしている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須