WEB活用の教科書

 今回は、サイトのリニューアルで、知らなければ
 大きなダメージになるであろうことを、お伝えし
 ますね。

 まず、「サイトリニューアル」ですので、あなた
 には既存のサイトがあるとします。

 こんなサイトです。

 5年前に制作会社に制作してもらったHTMLベースの
 WEBサイトで、コツコツとコンテンツページを増や
 して、今では300ページの規模で、アクセスも月間
 5万アクセス。

 サイトのデザインも古くなってきたし、今後は
 WordPressを使って、今風のサイトにして、コンテ
 ンツも自社で発信しやすくしようとリニューアル
 を決意。

 センスの良い業者を見つけて、発注。

 完成したリニューアル後のサイトは、凄く見やす
 くて、コンテンツも充実し、コンバージョンまで
 の導線も考えられた、素晴らしいサイトになった。

 しかし・・・・

 リニューアル後のアクセスは月間3,000件と、10分
 の1以下となり、売上も大きく落ち込む結果に。

 これ、なぜだと思います?

 htmlで制作されたページをWordPressを使用したサ
 イトにリニューアルする場合、WordPressで作成さ
 れたページには基本的に「.html」の拡張子はつき
 ません。

 (旧)http://sample.com/aaa.html
 (新)http://sample.com/aaa/

 上記の場合、内容が同じページでも、別のURLにな
 るので別ページとなりますよね。

 アクセスの多かった人気のコンテンツページが、
 別ページになるので、ブックマークしていた閲覧
 者や、このページへの外部からのリンクなども全
 て無効になってしまいます。

 検索エンジンも、内容が同じでも、URLが変わった
 このページを引き続き評価することは出来なくな
 るので、検索順位にも影響を及ぼすことになります。

 これを回避する方法は、モチロンあるのですが、
 外注した制作会社が知らなかったり、知っていて
 も面倒がって対応しないなんてこともあるんです。

 あなたが、対策方法を知らなければ、制作会社が
 対策しているのかどうかさえも分からず、文句の
 付けようが無いですよね。

 素晴らしい出来のサイトなのに悲惨な結果を迎え
 ることになります。

 なので、こんな目にあわない様に対策のポイント
 をご紹介しますね。

 まず、よく言われるのが、

 【301リダイレクト】
 ———————————————-
 「この旧ページは、どのページに変更にしましたよ」
 と検索エンジンに知らせ、「aaa.html」にアクセ
 スされたら「aaa」に自動的にページ遷移させると
 いう方法。この設定は「.htaccess」というファイ
 ルに記述します。

 ただ、過去の発言でGoogleのMatt Cutts氏はこう
 言ってます。

 「301リダイレクトは若干ページランクが失われる」

 簡単にいうと、そのページの評価が若干下がると
 いうことです。

 若干とはいえ、評価が下がるというのは気になり
 ますね。

 では、どうすればよいのかということですが・・

 最も良い方法は、旧新でURLを変えないという方法
 です。実はWordPressには、この方法もあるんです。

 【WordPressの作成ページに.htmlを付ける方法】
 ———————————————-
 制作会社に外注する場合は、制作会社に現状の
 urlと同様に「.html」を付けて同じにする様、注
 文してください。

 自製でリニューアルに取り組もうとしている場合
 は以下を参考に考え方を理解しておいてください。

 実際の設定はGoogle検索で調べれば、情報にたど
 り着けるはずです。

 WordPressの作成ページには、
 「投稿ページ」
 「固定ページ」
 「カスタム投稿ページ」の3種類があります。

 それぞれに「.html」を付ける様に設定が必要です。

 ▼投稿ページに.htmlを付けるには
 パーマリンク設定で「.html」が付加されるよう
 に設定します。但し、この設定は「投稿ページ」
 にしか適用されません。

 例)
 通常 http://sample.com/%category%/%postname%/
 付加 http://sample.com/%category%/%postname%.html

 ▼固定ページに.htmlを付けるには
 プラグインを使う方法と「functions.php」に記述
 する方法の2つがあります。

 1)プラグイン 
  「.html on PAGES」
 2)functions.php
  以下のコードをfunctions.phpにコピペする。

 —ココから
 /*固定ページのパーマリンクに.htmlを付加する */
 add_action( ‘init’, ‘mytheme_init’ );
 if ( ! function_exists( ‘mytheme_init’ ) ) {
 function mytheme_init() {
 global $wp_rewrite;
 $wp_rewrite->use_trailing_slashes = false;
 $wp_rewrite->page_structure = $wp_rewrite->root . ‘%pagename%.html’;
 // flush_rewrite_rules( false );
 }
 }
 —ココまで

 ▼カスタム投稿ページに.htmlを付けるには
 プラグインを使う方法と「functions.php」に記述
 する方法の2つがあります。

 1)プラグイン
 「Custom Post Type Permalinks」

 2)functions.php
  以下のコードをfunctions.phpにコピペする。

 —ココから
 /*カスタム投稿ページのパーマリンクに.htmlを付加する */
 function rewrite_rules($rules) {
 $new_rules = array();
 foreach (get_post_types() as $t)
 $new_rules[$t . ‘/(.+?)\.html$’] = ‘index.php?post_type=’ . $t . ‘&name=$matches[1]’;
 return $new_rules + $rules;
 }
 add_action(‘rewrite_rules_array’, ‘rewrite_rules’);function custom_post_permalink ($post_link) {
 global $post;
 $type = get_post_type($post->ID);
 return home_url() . ‘/’ . $type . ‘/’ . $post->post_name . ‘.html’;
 }
 add_filter(‘post_type_link’, ‘custom_post_permalink’);
 function remove_redirect_canonical($redirect_url) {return false;
 }
 add_filter(‘redirect_canonical’, ‘remove_redirect_canonical’);
 —ココまで

 以上です。

 どう思いますか?こんな、ちょっとした知識も知
 らなければ、前段で示した例のように悲惨な結果
 になるんですよね。

 このWEB活メルマガを、購読いただいているあなた
 は、情報がインプットされたので大丈夫ですね。

 これからリニューアルをしようと考えている、あ
 なたの参考になれば幸いです。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  川端 俊之(かわばた としゆき)

  ▼プロフィール・経歴
  28歳でソフトウェア会社を創業し経営者とな
  り12年の間、食品物流会社、アートフラワー
  ショップ出店などの経営実績を積み重ねる。

  中小企業のITコンサルティング経験は10年
  を超え、数々の企業のIT経営実現のアドバイ
  ス・インターネット活用したビジネス・業務の
  IT化など様々なコンサルティング実績を持つ。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須