WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
  創業以来140年、地域に根差した食品の製造・卸・販売
  を営んでおり、ホームページに加え数年前からフェイス
  ブックも活用し集客を図っています。

  しかしながら社長業の傍ら情報発信しているので、ネタ
  集めも含めてなかなか大変です。

  何か集客に繋がる情報発信の良い方法は無いでしょうか。
   
  ─────────────────────

【A】
 地域密着型で140年の歴史は、並大抵の事ではあり
 ません。長い歴史とは裏腹に、ホームページだけで
 なくSNSでも情報発信・集客にも取り組んで居られる
 との事ですので、先進的な発想で取組みされている
 事と思います。

 地域密着型の商売での集客に、SNSを活用される
 ことは相性も良く効果的と言われますが、継続的
 に情報発信するネタ切れの課題に悩んで居られる
 方は多い様です。

 2017年2月15日に配信した本メルマガ(22号)

 【質問】コンテンツをスムーズに増産する
     コツはありますか
  → https://webkatu.jp/seminar/m20170215/

 ではサイトのコンテンツに関する質問でしたので
 共通する部分もありますが、

 今回はSNSのコンテンツとして比較的どの様な
 事業者の方でも共通して取組み出来る方法を
 解説致します。

  ─────────────────────

 →情報発信は計画的に(計画表を作成しましょう)。

  SNSでの情報発信・話題提供では、継続すること
  が重要です。この時、発信頻度は毎日なのか1
  回/週なのか等、各事業者・担当者様の業務負
  荷も考慮して無理なく続けられる間隔を決めま
  しょう。

  その上で、年間や月間で常套句や話題として発信
  出来る”ネタ帳”を作成してみましょう。

  ここで言う常套句とは、次の様なカテゴリーとし
  て計画表に整理しておくと便利です。

  ・季節:草花や暦など、季節を感じる内容
  ・気候や天候:地域で五感を共有できる内容
  ・地域の催事:お祭りやイベントなど地域に関す
   る内容で毎年・毎月など定例化されている行事
  ・自社の商品やイベント・キャンペーンなど:
   同様に定期的に開催する行事など

  上記の様な項目を縦列に、横に日程(月次など)
  とした計画表を作成し、地域内で共有できる話題
  と自社の商品やイベントを関連付けた情報として
  発信することで地域との共有感を演出する効果も
  期待できます。

  その上で、例えば気候に関しては、その日の五感
  で感じたことを織込みアレンジした話題とします。
  暦に関しては、祝日や十干・十二支・干支と六曜
  (大安)などと絡めた話題にすれば、毎日新鮮な
  話題を用意することも比較的楽になるでしょう。

  次に、一つ一つのコンテンツについては、以下に
  解説致します。

 →自社事業の棚卸をしてみましょう。

  集客目的、つまり商品の売上増が目的ですから、
  事業の事(店舗の存在)や商品の事を、より多く
  の方に知って貰い興味を持って購入して頂くと言
  う流れを造り出す必要があります。

  御社の製品や事業の特徴など、御社に関わる事を
  整理してみると、”うんちく”として、話題に
  出来るネタが見つかるのではないでしょうか?

 →地域との関わりも共有の話題に取り上げましょう。

  創業の地や、現在の事業所の地域にまつわる歴史
  や様々な行事・習わしや風習などもテーマ別に整
  理しておくと、これらが全て話題として情報発信
  する”ネタ”となり得ます。

  地域に根差した商売であれば、地域の催事・お祭
  りなどをイベントとしてだけではなく、地域で引
  き継がれる文化や伝統として、地域の一員として
  一緒に伝承していく様な情報・話題として取扱う
  ことで、地域に根差したお店として貢献する姿勢
  を結果的にアピールできる可能性もあります。

 →同じ話題で使い廻し効果を活用しましょう。

  BtoCの場合、キャンペーンやイベントを行う事で
  宣伝と販売増の両方の効果を期待できますが、
  これらキャンペーンやイベントを定期的(年次・
  月次・週次・時間帯など)に開催するのであれば、
  SNSでこの様な告知も既に行って居られると思いま
  す。

  この告知は1回ではなく、時間の経過に合わせ、
  何回も行います。つまり年次の場合は前月、月次
  の場合は2週間前と1週間前、その後は5日前・
  3日前と前日など、イベントが近付くに連れて
  より具体・詳細の内容を小出しにして行きます。
  これにより、SNSユーザーである見込み顧客の興味
  を徐々に高める効果が期待されます。

 →SNSの特徴を活かした発信を心掛けましょう。

  SNSはホームページとは異なり、比較的リアルタイ
  ムの情報を提供出来ることに利用価値があります。
  このため、キャンペーンやイベントでは、”いま”
  や”どこ”と言う情報が価値を持ちます。

  この様な情報発信は短文で良く、既に興味のある
  人や、近くに居る人に「お得情報」を提供する事
  に意味があります。

 如何でしょうか?SNSの読者が御社を”話題提供者”
 として認知する様になれば、宣伝効果も自然と増え
 てくると考えられます。皆さんが計画的にSNSを使
 いこなし、少しでも集客に役立てば幸いです。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  村上 出(むらかみ いずる)
 
  ▼プロフィール・経歴
  工場プラントの自動制御システム・自家発/売電シ
  ステムのSEを経験後、マルチメディア系OS・ア
  プリケーションシステムの設計・開発。以降、車載
  システムの企画・設計・開発・品質管理・市場対応
  など、ITS・テレマティクス製品の一連のものづ
  くり工程を商品開発責任者として担当。自動車メー
  カーでの開発実状に詳しい。

  2009年4月に独立。東京都や神奈川県を中心に、中小
  企業・小規模事業者様の経営全般のご支援ならびに、
  国・自治体などの地域産業振興政策をサポート。

  近年、モノづくりBtoB企業様からもウェブマー
  ケティング関連のご相談を頂き、クライアント様に
  合う方策をご提案・ご支援させて頂いている。また、
  中小企業のIoT化についても、ご相談が増加して
  おり最新・低コストな取組みご支援にも応じている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須