WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 WordPressの管理画面に更新の案内が出てい
 ます。そのまま更新しても大丈夫でしょうか?
 更新を行う際に気をつけることはありますか?
  
  ─────────────────────

【A】
 WordPressの更新には以下の3種類あります。

 01.WordPressの更新
 02.テーマの更新
 03.プラグインの更新

 更新(アップグレード)はセキュリティ対策や
 プログラムのバグの修正などがあると行ってい
 るので、できるだけ最新の状態に更新するよう
 にしましょう。

  ─────────────────────

 →更新時の注意点ですが、3つすべての更新に共
  通することは、アップグレードを行う前に必ず
  バックアップをとっておくことです。

  特に01のWordPressの更新を行ったあとに急
  に画面が真っ白になって何も表示されなくなっ
  てしまった、プラグインがアップグレードに対
  応しておらず一部の機能が使えなくなってしま
  ったなどの現象が起こる可能性があります。

  その際にきちんとバックアップを行っていれば
  復元を行うことで、元に戻すことができます。

 →更新は下記の手順で行ってください。

  01.プラグインを全て停止する。
  02.更新する。
  03.停止したプラグインを有効化する。

 →WordPressの更新を行ったら、必ず動作確認
  を行ってください。

  動作していない箇所はないか、使えなくなって
  いる機能はないか、表示崩れは起きていないか、
  など、一通りのチェックを行ってください。

 →プラグインについては、更新画面に制作者の
  アップグレードへの対応状況(バージョンとの
  互換性)が表示されていますので参考にしてく
  ださい。

 →アップデート後、不具合が発生した場合の対応
  ですが、復元して元のバージョンに戻す、別の
  プラグインに変更し修正するなどの対応が必要
  になります。(発生した現象により対応が変わ
  ります) 
 
  ─────────────────────

 最後に、一番気をつけてほしいことは、更新の案
 内が表示されているからと言って、すぐに更新を
 行わないということです。

 重要なセキュリティアップデートでなければ、し
 ばらく様子を見て、プラグインの対応状況や他の
 人の対応をネットで調べ評価を確認してから更新
 を行うということで問題ありません。

 前回大丈夫だったから今回も大丈夫だということ
 ではありません。

 必ずバックアップをとることを忘れずに、慎重に
 行ってください。

 わからないから不安だ、ということがあれば、無
 理に更新は行わずに専門家や制作会社に相談する
 などして対応するようにしましょう。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  桑原 篤史(くわばら あつし)
 
  ▼プロフィール・経歴
  印刷・サイン業界で約15年、企業ブランドの
  イメージ戦略、販促支援などの企画営業を経
  験し、2009年に独立。

  中小企業、特に小規模事業者を中心にIT導入
  からWebサイトの企画、構築、運営まで一貫
  して支援を行っています。

  ITコンサルタントの活動とあわせ、Web制作
  事業を行い、多くのサイト制作や運営サポート
  に携わることで、実務経験に基づいた成果を出
  すためのWeb活用を支援します。

  2015年4月より、東京商工会議所のWeb戦略パ
  ートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須