WEB活用の教科書
 
 WEBサイトSSL化。名前はよく聞くけれど
 きちんと理解していないという方が多いと
 思います。

 5月に個人情報保護法の改正もあり、
 今後、個人情報の扱いの重要性が増して
 いきます。

 今回は、SSLの基礎知識について
 説明していきます。

 ▼SSLとは何?

 SSL(Secure Sokets Layer)とは
 インターネット上で送信するデータを
 暗号化する技術のことです。

 例えば、多くのWEBサイトに設置
 されている「お問い合わせフォーム」ですが、
 みなさん特に気にせずに入力しているかも
 しれませんが、SSLを導入していないサイトは、
 入力した情報が第三者に改ざんされたり
 漏洩する可能性があることをご存じですか?

 しかし、SSLを導入していれば、
 送信される情報が暗号化されるため、
 入力した個人情報などを安全にやり取り
 することができるようになります。

 ▼SSLの種類

 SSLは認証方法の違いにより3種類の
 証明書があります。

 ・ドメイン認証(信頼度:低):
  ドメインに登録されている登録者の
  確認で発行される証明書です。

 ・企業認証(信頼度:中):
  ドメイン認証+WEBサイト運営組織の
  実在性を認証する証明書です。

 ・EV認証(信頼度:高):
  WEBサイト運営組織の実在性+所在地を
  認証する証明書です。
  ブラウザのアドレス欄がグリーンに
  なり、もっとも信頼性の高い証明書です。

 どのSSLを導入するかは、収集している
 個人情報の種類やサイトポリシーなどを
 考慮して決定します。

 ▼SSL導入のメリット

 一番のメリットはセキュリティを
 強化することによりユーザーに
 安心してサイトを利用して
 もらえるということです。

 もう一つはSEOで多少プラス要素に
 なるということです。

 #Googleウェブマスター向け公式ブログ
 #「HTTPSをランキングシグナルに使用」
 #→ https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

 ▼SSL導入のデメリット

 SSLの導入には費用がかかります。
 SSLには有効期限があり毎年更新が
 必要です。

 特にEV認証は年間10万円以上
 かかることもあります。

 (金額は契約している
  サーバーが取り扱っている
  SSLにより変わります)

 ▼SSLの導入方法

 お問い合わせフォームなど
 特定のページのみをSSL化する方法と
 すべてのページを暗号化する常時SSLと
 いう方法があります。

 現在は常時SSLを導入するサイトが
 増えています。

 簡単ですがここまでSSLの基礎知識に
 ついて説明してきました。

 ユーザーに安心してサイトを
 利用してもらうためにも今後、
 SSLの導入は必須になってきます。

 導入を検討してる、これから
 導入を検討すると考えているサイトは
 早めの対応をおすすめします。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────

 WEB活認定コンサルタント
 桑原 篤史(くわばら あつし)

 ▼プロフィール・経歴

 印刷・サイン業界で約15年、企業ブランドのイ
 メージ戦略、販促支援などの企画営業を経験し
 、2009年に独立。

 中小企業、特に小規模事業者を中心にIT導入か
 らWebサイトの企画、構築、運営まで一貫して
 支援を行っています。

 ITコンサルタントの活動とあわせ、Web制作事
 業を行い、多くのサイト制作や運営サポートに
 携わることで、実務経験に基づいた成果を出す
 ためのWeb活用を支援します。

 2015年4月より、東京商工会議所のWeb戦略パ
 ートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須