WEB活用の教科書
 
「コンテンツ」ってなんでしょう?
 よく耳にする言葉ですが、どんな種類があるのか。
 みなさんは お分かりになりますか?
 それがわかると、ホームページに載せるネタが増
 えるかもしれません。
 
 そもそも、「コンテンツ」とは、「知識・ノウハ
 ウ、技術など の情報や体験を提供する著作物全
 般のこと」などと定義されていますが、具体的に
 はどんなものがコンテンツと言えるのか、以下で
 、主なものを中心にいくつか示します。
 
 1.ブログ
 これは、説明するまでもありませんね。
 ブログで情報発信する 場合は、ニッチなテーマ
 の情報ほど、検索者は必至に情報取集しているこ
 とが多いということを覚えておきましょう。
 
 2.事例/体験談(レビュー)
 サービスや商品・製品の活用事例(BtoB)や体験談
 (BtoC)など。どんなことに困っていたのか、どん
 なことを望んでいたのか、サービスや商品・製品
 を使ってどう変わったのかなどをビフォアアフタ
 ーで示すと説得力が高くなります。
 
 3. チェックリスト/プライスリスト
 チェックリストは専門家の視点での確認ポイント
 などをまとめたもの。一般の人が見落としがちな
 点、誤解しがちな点などを強調すると、専門性の
 高さが理解され、信頼性が高まります。
 プライスリストは、特に価格がわかりにくいサー
 ビスにおいて、「おおよそ」の目途がわかるだけ
 でも有用性は高いのです。覚 えておきましょう。
 
 4.eBook/ホワイトペーパー
 ホワイペーパーは、それなりの調査に基づくもの
 が普通です。eBookはより手軽。ただし、いずれ
 も一定程度の専門性は必要です。専門的なので、
 信頼性を高める効果が期待できます。
 
 5.動画
 自社サイトなら、時間、容量等に制約はなく自由
 に設置できます。加えて、Youtubeにもアップす
 ることでコンテンツの効果はより高くなります。
 SEOの観点では、1ページ1動画とすることが理想
 です。
 
 6.ウェビナー(Web Seminar)
 ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんね。
 Web上で開催するセミナーのことです。録画して
 中継するなら、編集もできるし、サイト訪問者は
 いつでも閲覧できます。録画した映像で、ウェビ
 ナーを自動開催するような仕組みもありますよ。
 
 7.インフォグラフィック
 これも、ちょっと聞きなれない言葉かもしれませ
 んね。全体像をひとめでパッと理解できるように
 可視化した、ビジュアルな コンテンツのことで
 す。イラスト、図、数字などを組み合わせてで構
 成するのが普通です。作成ツールもいくつかあり
 ますよ。

 例(Yahoo制作):
 http://yahoojp-marketing.tumblr.com/post/113140532833/1
 
 8.プレスリリース
 これもコンテンツです。中小企業でも配信可能で
 す。東商にもサービスがあるくらいですから。
 でも注意が必要。SEO効果は期待できなし、間違
 えると逆効果にさえなります。
 URLリンクには、「no-follow」を忘れず指定して
 おいてくださいね。
 
 以上、コンテンツの種類についてお話ししました。
 ここに示した以外の種類のコンテンツももちろん
 あります。ご自身の所属する組織やご自身の興味
 、立場などに応じて、発信するコンテンツの種類
 を増やしてみてはいかがでしょう。

 皆様のホームページの充実のヒントとして活用し
 て頂ければ幸いです。

 
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  五島 一輝(ごしま かずてる)
 
  ▼プロフィール・経歴
  文系のICTエンジニアとして社会人をスタート。
  以来、30年以上にわたり、100を超えるシステ
  ムの企画、設計、構築、調達を行い、企業で使
  われる殆どのシステムに精通。
  その間、中堅・中小企業に対し、常に、「経営
  に貢献する」ことにこだわったICTの企画・設
  計を提供し続けることで、多くの企業の経営改
  革に貢献してきた実績を持つ。
  「各企業の問題の改善にとどまらず、特徴や長
  所を活かした最適なICT」を提供して、多くの
  企業の経営革新を支援。
  「ICTの総合診療医」として、企業の個性にあ
  ったICT活用の処方箋創りでのアドバイス実績
  も多数。また、「顧客のため、社員のため」の
  セキュリティ強化や個人情報保護の支援も行っ
  ている。

 ※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
  こちらをご覧ください 
  >>> https://goo.gl/fB1yRq

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須