WEB活用の教科書

今週の質問と回答

 【Q】
  ECサイトで商品を販売しておりますが、Google
  のアルゴリズム更新後、サイトへのアクセス数
  が半分に減少してしまいました。アクセス数を
  増やしたいと考えておりますが、優先度の高い
  と思われる対策がございましたら教えてください。

  ─────────────────────────

 【A】
  アクセス数が減少したからと言ってアクセスア
  ップが、最良の対策とは限りません。検索順位
  に惑わされずに、じっくりと、アクセスが減少
  した原因を調べて、本質的効果がある対策をし
  ましょう。

  ─────────────────────────

 →Googleアップデート後、アクセスが減少したと
  のことですが、これは検索順位が落ちたという
  ことでしょうか。

 →最近ではペンギンアップデート4.0といって悪徳
  SEO対策のペナルティのアルゴリズムを強化し
  ていますので海外からのリンクや不自然なリン
  ク、購入した被リンクなどが貼られている場合
  は、ペナルティを受けて検索圏外に飛ばされる
  場合があります。
  また、Googleによるページ単位のコンテンツ評
  価や、モバイル対応の状況によっても大きく順
  位が乱高下している状況です。

 →まず、「Google SearchConsole」でGoogleから
  の重要なメッセージとして警告が表示されてい
  るかどうかを、確認してください。

 →もし、「Google SearchConsole」を利用されて
  いないのであれば、以下のURLから利用すること
  ができますので、設定してご利用ください。
  Googleアカウントが必要です。

  ▼「Google SearchConsole」(無料)
   https://goo.gl/OoZKBx

 →SearchConsole経由でGoogleから警告を受けて
  いるのであれば、「なにが」ガイドラインに違
  反しているかメッセージが届いているはずです
  ので、メッセージの内容とガイドラインの内容
  を確認して、ガイドライン違反の部分を解消し
  てから再審査リクエストする必要があります。

 →アクセス数が半減しているということですが、
  原因がGoogleアップデートなのか、単にコン
  テンツの内容が同業他社よりも劣っているの
  かをきちんと把握する必要があります。

 →当然ですが原因を特定することができなけれ
  ば、対策することもできません。

 →PPC広告やSNS・ブログ・メルマガなどを
  活用してマーケティングされているのであれば
  、そちらの問題かも知れません。

 →また、アクセスの減少よりも、成約数や成約率
  の状況はいかがでしょうか。
  この当たりの変動も全て考慮に入れて対策する
  のがベストです。

 →仮に以下の状況だったとします。
  ▼アクセス減少前
   アクセス数:10000件
   成約数:100件 
   成約率:1%
  ▼アクセス減少後
   アクセス数: 5000件
   成約数: 50件 
   成約率:1%
  ※マーケティングはSEOのみ

  この場合、売上は半分に落ちていることになり
  ますね。

 →この状況で対応できる対策は実はシンプルなん
  です。
  1)成約率を上げる
  2)アクセスを増やす
  
 →なぜ「アクセスを増やす」ということが2番目
  になるのかというと、SEOだけの取り組みで
  得ているアクセスというのは、自分で完全にコ
  ントロールすることができない不確定な要素だ
  からです。

 →Googleさんの評価基準が変更されてしまえば、
  そのたびに一喜一憂することになってしまいま
  すよね。
  これでは安定した収益が確保できなくなるし不
  安定でビジネスになりません。

 →ですから、ある程度、検索順位が変動しても一定
  の収益を得るための取り組みが必要になるわけです。

 →このポイントとなる指標が「成約率」というこ
  とになります。先の例で成約率をたった1%上
  げることができれば、アクセス減少前と売上は
  変わらないことになりますよね。

 →そして、成約率が安定してくれば、PPC広告
  やSNSなどからのツールを使ってメインサイ
  トに誘導してくるだけで一定の売上を確保する
  ことも可能になってきます。

 →もちろん、SEO対策も並行して行ってオーガ
  ニック検索で順位が上がればアクセスも増えま
  すのでそれはプラス要素ですがマーケティング
  ということを考えた場合、SEOは弱いし安定
  しないのです。

 →ですから、アクセス数に偏った考え方をしてい
  ると、SEO業者に多額の費用を投入したり、
  裏ワザ的なツールに資金を使ったりということ
  になり更に収益を圧迫してしまいます。

 →成約率を上げるには、「見込み客」を集客して
  「教育」して「販売」するという流れを作って
  行くのが良いでしょうし、その後のリピータと
  なる様に「顧客化」するという取り組みも必要
  になります。

 →アクセス数を上げるということであれば、自分
  でコントロールできるPPC広告の活用が最も
  効果があり即効性があります。

 →但し、広告費が発生します。この場合も、成約
  率を知っていればPPC広告にいくらまで費用
  を投入できるか判断できますよね。

 →ですから、ビジネスとして考えると「成約率」
  を上げる取り組みが重要になってくるわけです。

 →成約率を上げる具体的な取り組み方法や、PP
  C広告の出稿に関するポイントなどは、このQ
  A回答では限界がありますので、我々の様な専
  門家のコンサルティングを受けて正しいやり方
  、正しいタイミングで取り組まれることをオス
  スメいたします。
  一度、検討されてみてはいかがでしょうか。

 →WEB活Plus会員のあなたは、是非、成約率を上げ
  るための具体的な取り組み方法を専門家に相談し
  てみてください。

  ▼WEB活Puls会員とは
   https://goo.gl/j1Q5UW

 ★WEB活では、
  あなたからの質問をお待ちしてます!
  以下のURLをクリックして表示される入力
  フォームから質問をご投稿ください。
 ⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTrjxAg

 ※ご質問は、メルマガ「WEB活用の教科書」で
  採用公開される場合がございますので、ご了承
  下さい。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  川端 俊之(かわばた としゆき)

  ▼プロフィール・経歴
   28歳でソフトウェア会社を創業し経営者と
   なり12年の間、食品物流会社、アートフラ
   ワーショップ出店などの経営実績を積み重ね
   る。中小企業のITコンサルティング経験は
   10年を超え、数々の企業のIT経営実現の
   アドバイス・インターネット活用したビジネ
   ス・業務のIT化など様々なコンサルティン
   グ実績を持つ。

 ※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
  こちらをご覧ください 
  >>> https://goo.gl/fB1yRq

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須