WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 自社のWebサイト、これまでGoogle検索では、対策
 しているキーワードで常に10位以内にランキング
 されていたのですが、3月に入ってから急に20位
 以内にも入らなくなってしまいました。今月、
 Google検索で何かあったのでしょうか?
 また、今後どのような対処を行えば良いのでしょ
 うか?
  
  ─────────────────────

【A】
 はい、確かに3月上旬の数日間に亘り、Google検索
 の結果に大きな変動がありました。私がご支援し
 ているWebサイトでも、対策キーワードによる検索
 にてランキングが20位前後、乱高下をする状況が
 しばらく続きました。現在ではその変動は収束し
 ましたが、この変動の前後において、検索順位の
 ランキングが大きく変わってしまった、という
 サイトも多いのではないでしょうか?

  ─────────────────────

 →この変動は、Google検索におけるコアアルゴリ
  ズムのアップデートが行われたことにより発生
  したものと考えられます。Google検索の公式
  Twitterアカウントが、3月12日にツイートした
  内容によって、アップデートを実施したことを
  明らかにしています。
    
  Google検索の公式Twitterアカウント
  https://twitter.com/searchliaison

 →コアアルゴリズムというのは、Google検索の
  順位を決める為のもっとも重要なアルゴリズム
  のことです。Googleでは、検索結果の改善を
  図る為に、日々アップデートのリリースが行わ
  れているのですが、今回はコアアルゴリズムに
  対して広範なアップデートが実施されたという
  形になります。このようなコアアルゴリズムの
  アップデートは年数回、定期的に行われている
  ということです。

 →今回のアップデートにより、順位が下がったと
  しても、サイトに何か問題があるという訳では
  必ずしもありません。公式Twitterアカウント
  では、次のような説明がなされています。

  “今、順位が下がったページであっても、何か
   悪いことがある訳ではありません。そうでは
   なく、以前は過小評価されていたページに
   良い評価が与えられるようシステムに変更が
   行われたのです。”

 →それでは、順位が下がってしまった場合には
  どのような対処を行えば良いのか、ということ
  ですが、これについても公式Twitterアカウント
  からは、次のような投稿が行われています。

  “順位が下がったページにとって、素晴らしい
   コンテンツを提供することに集中し続ける
   こと以外の対処方法はありません。”
  
  これを見る限り、今回のアップデートはより
  コンテンツを重視し評価する方向での修正が
  行われたものと推察されます。

 →今後も、この方向性でのアップデートが継続
  して行われていくものと思われます。そのよう
  に考えますと、ユーザーが求める良質なコンテ
  ンツを提供し続けることが、益々重要になって
  いくと言えるでしょう。
 

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  松本 年史(まつもと としふみ)
 
  ▼プロフィール・経歴
  約15年間にわたり、主に外資系IT企業において
  新規開拓営業に従事した後、経営コンサルタント
  として独立。
  独立前の10年間は、データ分析ソフトウェア(BI
  /BA)の導入を通じて、顧客企業の意思決定シス
  テムやマーケティング自動化システムの構築支援
  を行う。
  独立後は、ITコーディネータ/中小企業診断士と
  して中小企業を中心にコンサルティングを提供。
  Webマーケティングを含むマーケティング戦略の
  立案から営業支援まで、顧客企業の売上拡大に
  向けた取組みを幅広く支援している。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須