WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 Googleアナリティクスで、
 SNSからの流入数を
 知りたいのですがどの項目を
 見ればよいのでしょう?
  
 ─────────────────────

【A】

 1)Googleアナリティクスの
   左側のメニューで「集客→概要」
   を見ます。

 どこからサイトを訪問したのか
 チャネルが表示されます。

 その中の「Social」がSNSからの
 訪問です。

 セッション数、直帰率、
 平均セッション時間がわかります。
 
 「Social」以外は下記の項目が
 デフォルトで用意されています。
 
 ・Organic Search(自然検索)
 ・Paid Search(有料検索)
 ・Social(ソーシャルメディアからの流入)
 ・Referral(別サイトからの流入)
 ・Direct(直接流入)
 ・Other Advertising(他の広告)
 ・Email(メールからの流入)
 ・Affiliates (アフェリエイトからの流入)
 ・Display( ディスプレイ広告の流入)
 ・Other (その他の流入)

 2)「集客→ソーシャル→参照元
   ソーシャルネットワーク」
   を見ます。

 SNS別のセッション数、ページビュー数、
 平均セッション時間 セッションあたりの
 ページビュー数を知ることができます。

 3)「集客→ソーシャル→
    参照元ソーシャルネットワーク」

 セカンダリディメンションも
 設定します。

 「セカンダリディメンション→
 行動→ランディングページ」
 に設定します。
 
 どのSNSから、どのページに
 訪問があったのかがわかります。

 「セカンダリディメンション→完全なリファラ-」
 に設定します。

 SNSのページや投稿を確認
 することができます。

 SNSのインサイトと共に、
 Googleアナリティクスで成果を
 確認しながら投稿内容を
 見直していきましょう。 

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  冨田 さより(とみた さより)
 
 
  ▼プロフィール・経歴
  株式会社ペンタゴン 代表取締役
  アパレルでの勤務経験を生かし
  1979年の創業以来、
  アパレル業界のIT全般の支援を行う。

  縫製工場向けの生産・販売・
  在庫管理パッケージソフトの
  導入支援では、日本、中国、
  東南アジアなどの生産拠点での
  導入支援も多く100社を超える。

  零細工場から中堅、大手アパレル、
  大手通販企業のシステム構築時の
  RFP策定から仕様作成、導入運用支援
  などを担当。中国国内向けのWebサイト
  作成支援等も行う。

  2008年頃より、クラウド環境の利用や、
  スマホ&タブレットなど、モバイル
  デバイスの活用提案を行う。

  2012年4月より、東京商工会議所の
  Web戦略パートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須