WEB活用の教科書

今週の質問と回答

【Q】
 ホームページを作ったらマーケティング(集客)
 をしなければと、アドワーズ広告やFacebo
 ok広告をしましたが上手く集客できません。
 どうやって集客すれば良いか教えてください。 

  ─────────────────────

【A】
 成功事例や、マーケティング手法を学んで実践す
 るのは良いのですが、集客の根本的な考え方を整
 理した上で、実行してみてください。

  ─────────────────────

 →リアルにしろネットにしろビジネスに集客は付
  き物であり「失敗する原因も集客である」場合
  が多いのもの。仮に集客が上手くいっていると
  しても、集客は永遠の課題であり、その動向に
  は、いつも不安を感じるものです。

 →WEBサイトや書籍で得た知識で効果があると、
  うたわれているPPC広告やSNS広告などに、
  取り組んでみても効果が出ないというケースは
  多くあります。

 →まず、集客を考える前に、集客を成功させるた
  めに明らかにしておくべきポイントを3つ紹介
  します。

 →【ポイント1】お客さんは誰

  ”あなたの商品(サービス)を欲しているお客
  さん”は誰でどんな人なのか分かっているでし
  ょうか?
  集客したい、お客さんが誰なのか分かっていな
  ければ、集客できるはずがありません

 →【ポイント2】そのお客さんはどこにいるの

  集客したいお客さんが分かったら、そのお客さ
  んがどこにいるのかを仮説し、調べてください。
  ネット上で「どこにいるか」を考えるには、そ
  の客さんの趣味趣向や興味、悩みあなたの商品
  を購入した後の行動などから仮説することです。

 →【ポイント3】お客さんを既に抱えているのは誰

  あなたの集客したいお客さん達が既に利用して
  いる商品やサービス、企業や団体など、既に、
  あなたのお客さんのリストを持っているのは誰
  なのかを調べてみましょう。

 →この3つのポイントをの意識が無く集客してい
  るのであれば、意識して集客することで、集約
  率は見違えるように上がるでしょう。

 →アドワーズ広告にしろSNS広告にしろ、オー
  ディエンス設定というのがあります。
  これは、ポイント1の「客さんは誰」というの
  を設定する機能。

 →ポイント2の「お客さんはどこ」というのを設
  定するのは、アドワーズ広告ではディスプレイ
  キャンペーンークのプレイスメント設定の機能。

 →ポイント3の「お客さんを抱えているのは」と
  いう部分の取組では、その企業や団体とのコラ
  ボレーションや、保有サイトへのバナー広告な
  どで集客を展開していきます。

 →根本的な集客のスタンスをしっかりした上で、
  集客ツールを選び、その集客精度を上げていく
  ように取り組んでみてください。

 

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  川端 俊之(かわばた としゆき)

  ▼プロフィール・経歴
  28歳でソフトウェア会社を創業し経営者とな
  り12年の間、食品物流会社、アートフラワー
  ショップ出店などの経営実績を積み重ねる。

  中小企業のITコンサルティング経験は10年
  を超え、数々の企業のIT経営実現のアドバイ
  ス・インターネット活用したビジネス・業務の
  IT化など様々なコンサルティング実績を持つ。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須