WEB活用の教科書 

広告と言うと有料広告(GoogleではAdwords)と
 思いがちですが、Googleが検索結果の向上取組み
 として進めている「マイビジネス」と言う機能に
 自社ビジネスの情報を登録すると、無料で検索
 結果として表示されるなど、有料広告のような
 効果が期待されます。

 皆さんも、Google Crome で検索した際、検索結果
 の下側に地図が表示され、3か所までの検索結果が
 地図上とリストに表示されたり、検索結果の右側に
 地図と、店舗などの検索対象施設の詳細情報が表示
 されたりした記憶はありませんか?

 検索結果が個店などにヒットした場合は、検索結果
 リストの右側に地図と対象店舗などの詳細情報が
 表示されます。

 詳細情報の項目は、店舗の外観写真や地図のほかに
 「〒付き住所」「営業中か否か」「電話番号」と
 「サイトURL」の他に、経路案内も可能となって
 います。また口コミ情報も表記されます。

 また、個別検索ではなくリスト表示の場合は、検索
 した現在地もしくは、指定した検索場所などの近い
 候補3か所が地図上に表示され、その下部に3か所
 のリストが表示されます。

 Googleマイビジネスは、広告費も払っていないのに、
 こんなに宣伝してくれる有難いサービスなのです。

 但し、コンテンツ情報は正確に登録しておくことが
 実集客増には必須となります。

 上述の通り、地図や住所・経路案内までしてくれる
 のですから、いい加減な住所が登録されていると、
 Googleの方でヒット対象から外されてしまいます。

 情報登録方法は大まかに2通りありますが、何れも
 簡単です。

 1.検索がヒットして、検索結果の右側に地図と詳細
 情報が表示されている場合は、”情報の修正を提案”
 ボタンを操作し、それぞれの情報を入力します。
 例えば、「営業時間」の登録画面は曜日ごとに開店と
 閉店時刻を入力できます。

 この様に、全ての情報を正しく入力し、当該ビジネス
 オーナーとしても登録します。

 2.検索結果ではヒットせず、3か所の候補リストと
 地図が表示された場合は、何れか一か所をクリック
 すると、上記1と同様に対象店舗の詳細情報が表示
 されます。ここからの情報登録・修正は、上記1と
 同じです。

 そもそも、このコンテンツ情報はGoogle自身が、
 様々な情報から編集していますが、営業時間など
 他の既存の情報では得られない情報などは、ご自身
 で正確に登録しておくべきです。Googleが検索処理
 時に、これらの情報も参照して検索結果を抽出して
 いますが、その評価は検索キーワードとの関連性、
 知名度、そして何より、Googleマイビジネスに登録
 されている情報との整合性と言われています。
 また上位に表示されるには、口コミ数と評価ポイント
 が高いことも重要です。

 3か所のリスト表示の詳細設定では、口コミ評価の
 ”何点以上”や、時間設定は「現在営業中」だけの
 抽出なども可能となっています。

 最後になりますが、このマイビジネスに登録しておく
 ことが重要であることは、ご理解頂けたでしょうか。
 Googleマイビジネスの情報登録は、以下のサイトから
 行います。

 ⇒https://www.google.co.jp/business/
 
 自社が提供している業種(カテゴリ)やウェブサイト
 のURL、商品配達サービスの有無などについても登録
 項目が用意されています。

 また、非店舗型のビジネスについても、その定義を
 設定する方法も用意されており、必ずしも地図表示
 されるサービスだけでなく、利用価値が高いものと
 なっています。

 新しいサービスも有効利用して、自ビジネスの集客
 効果が高まれば幸いです。

 
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  村上 出(むらかみ いずる)
 
  ▼プロフィール・経歴

  大学では、生物系のテレメトリーシステムを専攻。
  卒業後、工場プラントの自動制御システム・自家発
  /売電システムのSEとして、いわゆるM2M制御に従事。

  電機メーカーに転職し、マルチメディア系OS・
  アプリケーションシステムの設計・開発に従事。

  以降、車載システムの企画・設計・開発・品質管理
  ・市場対応など、ITS・テレマティクス製品の
  一連のものづくり工程を商品開発責任者として担当。
  自動車メーカーでの開発実状に詳しい。

  2009年4月に独立。東京都や神奈川県を中心に、中小
  企業・小規模事業者様の経営全般のご支援ならびに、
  国・自治体などの地域産業振興政策をサポート。
  近年、モノづくりBtoB企業様からも、ウェブ
  マーケティング関連のご相談を頂き、クライアント
  様に合う方策をご提案・ご支援させて頂いている。

  また、中小企業のIoT化についても、ご相談が
  増加しており、最新・低コストな取組みご支援に
  も応じている。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須