WEB活用の教科書

今週の質問と回答

 【Q】
  今まで様々なWEBサイト構築業者に依頼をして
  きましたが、費用がかかるばかりで、想うよう
  な成果に繋がりませんでした。出来るだけお金
  をかけずに集客を行う方法はありませんか。
  最近はセミナーの集客について悩んでいます。
  
  ─────────────────────────

 【A】
  出来るだけお金をかけずにセミナーの集客を行
  いたいという相談内容に対して、ご相談者様の
  置かれている状況を踏まえて、下記の施策案を
  参考にしながら集客方法を検討できます。

  <施策案>
  (案1)ご相談者様が管理されている既存の
      WEBサイト上でセミナー情報をご自身で
      告知する。
  (案2)ご相談者様が管理されている既存のWEB
      サイト上でセミナー情報を社外の業者に
      依頼して告知してもらう。
  (案3)ご相談者様が管理されている既存のWEB
      サイト以外でセミナー情報をご自身で
      告知する。
  (案4)ご相談者様が管理されている既存のWEB
      サイト以外でセミナー情報を社外の業
      者に依頼して告知してもらう。

  ご自身で対応可能な領域が多ければ、集客に必
  要なコストをグッと削減できますが、社外の業
  者に依頼をしたい内容が多ければ多い程、一般
  的に集客にかかるコストは増加します。
  社外の業者を活用する場合は、出来るだけ依頼
  内容を明確に定めた上で、具体的に伝えるよう
  にしましょう。

  ─────────────────────────

 →前提として、社外の業者に依頼する為の予算が
  確保できていないという費用面での成約条件が
  ある場合は、(案2)又は(案3)の施策案を
  除外、または検討の優先度を下げます。

 →準備期間が限られている状況でより多くの方々
  にセミナー情報を拡散したい場合は、専門業者
  に依頼する方法が1つの有効な手段となりえま
  す。費用対効果として、どの程度の金額迄を宣
  伝費として掛けられるか等を判断する事が重要
  です。

 →次に(案1)又は(案3)又は(案1と案3)
  の複合型施策について検討を行います。
  (案1)では、既にご相談者様が管理されてい
  るWEBサイト上にセミナー情報を掲載して集客
  を行う方法となりますが、ただ掲載ページをご
  自身で新規に作成されても、急にWEBサイトの
  ページに対して、集客に繋がるアクセス数が増
  えることはありません。

 →そこで「流入経路」として考えられる方法に着
  目し、「1)検索エンジン、2)直リンク、3)
  外部メディア、4)SNS、5)広告」等の区分
  に視点を移して、ビジネス成果として集客UPに
  繋げる為のWEBサイトの改善策を検討すること
  が重要になります。

 →例えば、(案1)の既存のWEBサイト上に新規に
  作成されたページの認知度を向上するために、
  「4)SNS」との組合せによって集客UPに繋げ
  る施策が考えられます。

 →「Facebook、LINE、Twitter、Instagram」等
  のSNSの特性を利活用する事によって、特定の
  興味や関心のあるグループ層に対して、伝えた
  い情報を能動的に訴求することができます。

 →(案3)では、ご相談者様の既存のサイト以外
  でセミナー情報を告知する方法での施策となり
  ます。
  お金を出来るだけかけずに集客を行いたいとい
  う目的を達成するための一例を紹介しますと、
  外部サービスの活用として「こくちーず(告知
  ’s)」と呼ばれるWEBサイトで、イベントやセ
  ミナー、勉強会等の告知・案内のページを無料
  で作成できるサービスの活用があげられます。

  「こくちーず(告知’s)」
  (http://kokucheese.com/)
  
 →その他の事例として、「ペライチ」と呼ばれる
  無料で簡易なホームページの作成やランディン
  グページ(LP)を作成することのできるサービ
  スを活用して、セミナー集客の告知ページを作
  成する施策等が考えられます。

  「ペライチ」
  (https://peraichi.com/)
  
 →(案1と案3)の複合型施策では、ご相談者様
  の既存のWEBサイト上でセミナー集客の告知ペ
  ージを作成したうえで、それとは別にランディ
  ングページを社外サービスを有効活用しながら
  作成をして、複数のWEBサイトで同時に集客を
  行っていくアプローチです。

 →セミナー開催の告知期間が限られている場合で
  は、特に「流入経路」の観点を意識して「3)
  外部メディア」へのプレリリースの発表や「4
  )SNS」を活用した情報拡散等、実施可能な施
  策について個別検討を行い、実際にアクション
  へと繋げていく事が、目的を達成する過程とし
  て必要です。
  
 →今回は、ご相談者様の相談内容を踏まえて、お
  金を出来るだけかけずに実施可能な施策の例を
  ご紹介しました。
  ご自身でランディングページを作成して告知を
  行うよりもプロの方にライティングをして頂い
  た方が、結果として効率的に集客UPの成果を得
  やすい場合もありますので、どの範囲までをご
  自身で行い、どの範囲をプロの方に委託すべき
  か等の判断基準の目を、ご自身で実践しながら
  ステップアップして養っていく事を、お薦め致
  します!
  
  
 →WEB活Plus会員の方は、ビジネスに活用できる
  最新サービスやツールなどの情報も入手するこ
  とができます。気になるサービスがあれば、相
  談してみてくださいね。

  ▼WEB活Puls会員とは
   https://goo.gl/j1Q5UW

 ★WEB活では、
  あなたからの質問をお待ちしてます!
  以下のURLをクリックして表示される入力
  フォームから質問をご投稿ください。
 ⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTrjxAg

 ※ご質問は、メルマガ「WEB活用の教科書」で
  採用公開される場合がございますので、ご了
  承下さい。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  黒石 悌(くろいし なお)

  ▼プロフィール・経歴
  東京都内のIT関連企業に所属し、新規サービ
  スの開発から運用・改善までの複数プロジェ
  クトを歴任する。
  ”ビジネスとITの橋渡し”を主眼としたコンサ
  ルティング実績として、通信系(営業マネジ
  メントのWEBサイト)や金融系(WEBシステム)
  の開発プロジェクトとあわせて、企業における
  内部統制の整備や ITSMS規格、PMS規格の認証
  取得支援等の実績を持つ。
  2016年4月より、東京 商工会議所のWeb戦略
  パートナーとして活動中。

 ※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
  こちらをご覧ください 
  >>> https://goo.gl/fB1yRq

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須