WEB活用の教科書

 Googleより、モバイルファーストインデックス
 を導入する計画が正式にアナウンスされました。
 
 https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html
 
 モバイルフレンドリーは聞いたことがあるけれど
 、モバイルインデックスファーストって何??
 という方もおられることでしょう。
 
 モバイルフレンドリーは、モバイル端末向けに最
 適化されたWebサイトが、モバイル端末からの
 検索結果においては優遇されやすくなる、という
 もので、2015年に行われたGoogleによる
 検索アルゴリズムの変更でした。
 
 しかし、この時にも変わらず、過去から現在に至
 るまでGoogleは常にデスクトップ向けのコンテン
 ツを主な評価対象としてインデックスを作成して
 います。モバイル端末向けにも、それをもとにし
 て検索結果を表示させています。
 
 つまり、モバイル端末向けのコンテンツ自体は、
 基本的にインデックス作成の評価対象にはなって
 いない、ということです。
 
 今回導入されるモバイルファーストインデックス
 では、これが逆転します。
 Googleは、モバイル端末向けのコンテンツを主な
 評価対象として、インデックスを作成することに
 なります。
 
 デスクトップからの検索においても、モバイル端
 末向けのコンテンツを評価したインデックスをも
 とに、検索結果が表示されることになります。
 
 これは、全世界でモバイル端末からの検索数がデ
 スクトップからの検索数を超えている現状を考慮
 しますと、適切な変更であると思われます。
 
 一方で、Webサイトを運営されている皆様にとっ
 ては、自社のサイトの検索順位にどのような影響
 があるのか、対策は必要になるのかと、とても気
 がかりな変更になるのではないでしょうか?
 
 結論から言いますと、モバイルファーストインデ
 ックスの影響を受け、対策が必要となるのは、以
 下のようなサイトになります。
 
 ※モバイル向けとデスクトップ向けで異なるコン
  テンツを表示させているサイト
 
 レスポンシブデザインで構築されたサイトは、デ
 バイスによらず同一のhtml、つまり同一のコンテ
 ンツを表示させているので、影響を受けることは
 ありません。
 
 また、アクセスするデバイスに応じて動的に異な
 るhtmlを生成しているようなサイトであっても、
 コンテンツ自体が同一であれば、同じく影響を受
 けることはないでしょう。
 
 影響を受けると想定されのは、モバイル向けとデ
 スクトップ向けに異なるコンテンツを提供してい
 るサイトです。
 このようなサイトの殆どが、モバイル向けとして
 、デスクトップ向けのコンテンツから情報を減ら
 して軽くした“省略版”のページを表示させていま
 す。
 
 前述したモバイルフレンドリーへの対応が求めら
 れた際に、このような対応を行った企業が多いの
 ではないかと思われます。
 デスクトップ向けと比べると、モバイル向けのコ
 ンテンツは情報が少ないので、当然評価が下がる
 ことが予想されます。
 
 さて、あなたのサイトはどうでしょうか?
 
 もし、影響を受けると思われるのであれば、対策
 を検討していく必要があります。
 
 Googleは、「今後数カ月にわたって小規模の
 実験を入念に行い、素晴らしいユーザー体験を提
 供していると自信をもって判断した時点でより広
 範囲にわたって変更を反映していきます。」とし
 ています。
 
 直ぐに影響がある、という訳ではなく、また、本
 格的に導入される時期も未定、ということです。
 ただし、正式なアナウンスがあった以上、導入さ
 れることは確実、と考え、対策を施した方が賢明
 でしょう。
 
 対策としては、モバイル向けのコンテンツの充実
 、ということになりますが、その一つの方策とし
 てレスポンシブ化が挙げられます。
 
 訪問者の利便性を考えますと、必ずしもレスポン
 シブ化がベストの選択肢とは言えませんが、サイ
 トの修正を容易に行うことができ、メンテナンス
 工数を削減することができるのは、レスポンシブ
 化の大きなメリットと言えます。
 これを機会に、SEO対策も兼ねてレスポンシブ化
 への対応を進めてはいかがでしょうか?

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  松本 年史(まつもと としふみ)

  ▼プロフィール・経歴
   約15年間にわたり、主に外資系IT企業におい
   て新規開拓営業に従事した後、経営コンサル
   タントとして独立。
   独立前の10年間は、データ分析ソフトウェア
  (BI/BA)の導入を通じて、顧客企業の意思決定
   システムやマーケティング自動化システムの
   構築支援を行う。
   独立後は、ITコーディネータ/中小企業診断
   士として、中小企業を中心にコンサルティン
   グを提供。
   Webマーケティングを含むマーケティング戦
   略の立案から営業支援まで、顧客企業の売上
   拡大に向けた取組みを幅広く支援している。

 ※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
  こちらをご覧ください 
  >>> https://goo.gl/fB1yRq

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須