WEB活用の教科書

 ご存知の方も多いと思いますが、6月11日から、

 「Google Maps API」が
 「Google Maps Platform」

 という新しいサービスに変更しました。

 https://cloud.google.com/maps-platform/

 サービス変更でGoogleマップをサイトに表示
 する場合は「APIキー」が必須となりました。
 具体的には、7月16日よりAPIキーを使用せずに
 Googleマップを利用している場合、エラーメッ
 セージが表示されマップが表示されなくなります。
 その対応として、支払い情報の登録などの設定
 変更が必要になります。

 すでにGoogleマップにAPIキーを設定していても
 「Google Cloud Platform」で 請求先アカウ
 ントとプロジェクトを紐づけしていないとGoogle
 マップが表示されなくなりますので注意して下さい。

 新規にGoogleマップを利用する場合も、支払い
 情報の登録が必須になります。

 ちなみにGoogleマップのサイトから埋め込みコード
 を取得しiframeで貼り付けしている場合は特に変更
 の必要はありません。

 APIを利用しているかがわからない場合はChromeの
 拡張機能で調べることができるので便利です。
 「Google Maps Platform API Checker」
 https://chrome.google.com/webstore/detail/google-maps-platform-api/mlikepnkghhlnkgeejmlkfeheihlehne

 ▼APIキーの取得、支払い情報の登録の手順

 1、「Google Maps Platform」サイト内の
   「使ってみる」をクリック
 2、手順に従い、新規プロジェクトを作成(または
   既存のプロジェクトを選択)
 3、支払い情報(クレジットカード)の登録
   ーーー既存の場合はここまでーーー
 4、APIキーの取得
 5、取得したAPIキーを地図に適用

 新しいGoogle Maps Platformになり料金体系
 が変わりましたが、アクセス数が多くないサイトの
 場合は月額無料枠で使用することができます。
 企業や店舗へのアクセスなど静的なマップの読み
 込みの場合、月に10万回表示までは無料で利用でき
 ます。
 料金プラン? https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/

 企業や店舗へのアクセスなど静的なマップの読み
 込みの場合月に10万回表示までは無料で利用する
 ことができます。

 このメルマガを見て、登録を忘れていたという方は
 すぐに支払い情報の登録を行いましょう。
 まだ対応していない場合は、Googleマップが表示
 されているかのチェックを早めに行って対応して
 ください。

 
  
 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  桑原 篤史(くわばら あつし)
 
  ▼プロフィール・経歴
  印刷・サイン業界で約15年、販促支援などの
  企画営業を経験し、2009年に独立。

  中小企業、特に小規模事業者を中心にIT
  導入からWebサイトの企画、構築、運営まで
 一貫して支援を行っている。

  ITコンサルタントの活動とあわせ、Web制作事
  業を行い、多くのサイト制作や運営サポートに
  携わることで、実務経験に基づいた成果を出す
  ためのWeb活用を支援している。

  2015年4月より、東京商工会議所のWeb戦略
 パートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須