WEB活用の教科書

 「WEBサイト運営の品質向上に向けた効果的な着眼点」
 というテーマで説明を致します。

 皆様の組織で継続してWEBサイトを運営する為に、
 どの様な観点に着目して管理をしていますか?

 WEBサイトを社外の専門業者に依頼をして制作をした
 ものの、最新の情報を定期的に発信できて
 いなかったり、特定の担当者に任せっきりで、
 組織全体として効果的にWEBサイトの活用ができて
 いない等、WEBサイトの運営面において、改善すべき
 問題や課題を抱えてはいないでしょうか?

■用語の定義:

・問題:設定された目標と現実に対して、
    対策として克服が必要なギャップがあること

 今の実態(現状の姿)⇔ギャップ⇔今の目標(あるべき姿)

・課題:これから設定しようとする目標と現実に
    おいて、対策が必要とされるギャップがあること

 今の目標(あるべき姿)⇔ギャップ⇔新たに定める目標(ありたい姿)

「WEBサイト運営の品質向上に向けた効果的な着眼点」
 として、「QCDSME」という観点に基づいた
 品質管理のアプローチをご紹介いたします。

 
■WEBサイト運営の品質向上に向けた6つの着眼点

 (1)Q:品質(Quality)
 (2)C:原価・価格(Cost)
 (3)D:量・納期(Delivery)
 (4)S:安全(Safety)
 (5)M:道徳・士気(Morale)
 (6)E:環境(Environment)

(1)Q:品質(Quality)

 WEBサイトで発信する情報(コンテンツ)の
 新しさや確かさなどが品質として考えられます。

 自社の強みや魅力的な情報は何かを問い、発信し
 続ける事で、WEBサイトの集客UPに繋がります。

(2)C:原価・価格(Cost)

 WEBサイトの運営にかかる諸経費や商品・サービス
 の価格等に対する観点です。

 例えば、レンタルサーバーやドメインの維持費用、
 WEB担当者や外部委託等の労務費等があります。

 他にはWEBサイトへの集客を目的とした広告費の
 効果等が改善点の切り口として考えられます。

(3)D:量・納期(Delivery)

 WEBサイトで情報を発信する頻度や期限等に対する
 観点です。

 お客様からのお問合せに対して、自組織として
 どの様な方法で何営業日以内に回答を行うといった
 目標となるルールや基準等があると、品質の
 維持や向上がし易くなります。

(4)S:安全(Safety)

 WEBサイト運営で、お客様情報のデータを
 取り扱う場合等の観点です。

 自組織のセキュリティポリシーや個人情報の
 利用目的の開示等のルールに順じて、
 安全に情報を管理されているかのチェック等が、
 お客様の信頼の獲得に繋がります。

(5)M:道徳・士気(Morale)

 WEBサイトを運営する担当者や外部委託業者の
 管理に対する観点です。

 自組織の各部門との協力体制や社外の関係者との
 情報連携等が円滑に進むことによって、
 WEBサイト運営の品質は維持・向上していきます。

 管理者として、自組織の担当者への教育や褒章等の
 施策によって、関係者のやる気を引き出すことも
 品質の維持・向上に有効です。

(6)E:環境(Environment)

 WEBサイト運営の目的に応じた環境面での配慮です。

 例えば、物販を行っている企業では、取り扱う
 商品の品目や在庫管理が煩雑であったりすると、
 運営面で担当者は非常に苦労することになります。

 又、WEBサイトを運営する担当者が取り扱う
 パソコン機器が古くて処理速度が遅かったり、
 作業環境としてデスク周りやファイルサーバ等の
 データの管理等が煩雑であると、WEBサイト運営
 としての品質低下に繋がります。
 
 ということで、本日は、

 「WEBサイト運営の品質向上に向けた効果的な着眼点」

 として、「QCDSME」という観点に基づいた
 品質管理のアプローチをご紹介いたしました。

 皆様の組織において、ビジネス成果を維持・向上
 していただく事を目的に、WEBサイト運営の
 着眼点を抽出して改善に向けた手掛かりを探し、
 皆様のWEBサイト運営の一助となれば幸いです。

 ■今回の授業の先生のプロフィール
 ──────────────────────
  WEB活認定コンサルタント
  黒石 悌(くろいし なお)

  ▼プロフィール・経歴
  東京都内のIT関連企業に所属し、新規サービス
  の開発から運用・改善までの複数プロジェクト
  を歴任する。

  ”ビジネスとITの橋渡し”を主眼としたコンサル
  ティング実績として、通信系(営業マネジメン
  トのWEBサイト)や金融系(WEBシステム)の開
  発プロジェクトとあわせて、企業における内部
  統制の整備や ITSMS規格、PMS規格の認証取得
  支援等の実績を持つ。

  2016年4月より、東京 商工会議所のWeb戦略
  パートナーとして活動中。

>>>「WEB活用の教科書」バックナンバーを見る

無料メルマガ「WEB活用の教科書」購読申し込み

お名前とメールアドレスと入力して[無料メルマガを購読する]をクリックすると、中小企業~個人事業主がWEBを活用してビジネスを展開するために必要なノウハウをお届けする無料メルマガ【WEB活用の教科書】を毎週水曜日にお届けいたします。いつでも配信解除ができますので、お気軽にご購読ください。

氏名 必須
メールアドレス 必須